« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月22日 (土)

ホワイトスネイク ライヴDVD

Ws02 Ws01_1

なーんとホワイトスネイクのライブDVDが発売されていたのだ。ボーカルのDavid Coverdaleデイヴィッド・カヴァーデイルさんは、元ディープパープルのボーカリストでありあのイアンギランさんが抜けたパープルを「burn」で復活することに貢献し、ジミーペイジとともにユニットを組んだことでも有名なのです。もともとパープル加入時なんか無名な人ですから それほど期待もされていなかったらしいのですけれど 曲作も新人ながら参加してこのアルバム「burn」はヨーロッパを中心に売れまくり第三期といわれるパープルの成功をもたらしたのでした。そのタイトル曲から始まる今回のライブDVD「in the still of the naight」は もう、えらい盛り上がりで彼らのベスト盤ライブといった感じなのです。デイヴィッド・カヴァーデイルももういい年齢なんですが元気!元気!わたしゃ最近のヘビィメタルなんかあんまし興味ないし、ギタリストもよくわかりませんがバンド自体もいいです、うまいです。とくにRギターとベースには脱帽です。そんな訳で初回のみCDが付くこの限定盤なんですが買って損なし楽しめます。輸入盤が出るまで待とうと思いましたがHMVのセールで購入してしまいました。個人的にもう何年も前ですけれど代々木だったか来日のライブは見に行きましたがあの頃のライブパフォマンスより絶対いいですね。コレ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

Img_5943_2

デジタル一眼レフカメラも今や800万画素が標準となっている現在、悩みなのがファイルサイズ。400万画素の1Dの時は1GのMDが2枚もあれば十分だったんだけどさすがに800万画素サイズでしかもストレスなく撮れる1DmarkⅡ、20Dなんかではまったく足りない。一時携帯プレイヤーから4GのMDを取り出して使用するカメラマンが多かったのだがそれも対策品となって難しくなってきた。一方MDは年々下がり続け6GのMDでも2万円を切るプライスで売られるようになってた。初代1Dと一緒に購入した当時のMDは1Gで35,000円もしてた、、、、。ただ現行のMDは最初のうちは いいのだけれど撮影枚数が増えるにしたがって終盤は極端に書き込みが遅くなる。先週の個撮でもこれには悩まされた。MDを使用しているユーザは安価だから使っているのであって値段が安ければCFに変えたいはずである。対ショックの面からも承知で危険なMDを使っているのは単純に安いからである。で、最近の某掲示板で見つけた8G120X速のCFが19,800円!税込!めちゃ安である。聞いたことのないADATAなるメーカー製だがこれだとMD6Gより安い。即効で大須のドスパラで在庫を確認し、予約、その日のうちに購入した。20Dに装着するとなんなく認識(当たり前か!)RAW+Sサイズjpegで784枚。フィルム22本分である。書き込みもMDと同じか、早いくらい。パソコンへの取り込みも体感的に早く感じる。なんといってもMDの終盤からの書き込みの遅さから開放されたことがうれしい。なんともいい時代になったものである。2、3年前の8GのCFの値段といえば15万円位したんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

昭和は好きですか?

最近映画「ALWAYS 三丁目の夕日」なんかで見直されている昭和という時代。トヨタ博物館の2号館には車だけでなく、「あの頃」のコレクションがたくさんあるのだ。今日はここに行ってきました。

0607toyotan001_2 0607toyotan002

0607toyotan003 0607toyotan004

0607toyotan005 0607toyotan006

0607toyotan007 0607toyotan008

0607toyotan009 0607toyotan010

0607toyotan011 0607toyotan012

0607toyotan013 0607toyotan014

0607toyotan015 0607toyotan016

0607toyotan017 0607toyotan018

0607toyotan019 0607toyotan020

0607toyotan021 0607toyotan022

0607toyotan023 0607toyotan024

0607toyotan025 0607toyotan026

0607toyotan027

キヤノンF-1の発売時の装備が凄いですね。このスペックだと今の5Dのスペックと同じ位かなあ。この頃のF-1のモータードライブって秒間3.5コマだったと思います。ガッツって雑誌あった気がする。「ガッツ出せ」とか良く言ってましたねー。そのガッツってガッツ石松さんが語源だとか、、。オリンパスペンFは家にもあった横に露出計がついたバージョンでしたが。ニコレックスって確かFの下のバージョンでしたっけ、中古ショップでもなかなか見つけられない。モノクロテレビも今となってはけっこうオシャレな雰囲気ですね。レコードプレイヤーでは、ソノシートなるものをよく聞いていた覚えがあります。少年誌はやっぱり王さんと長島さんなんですね、その頃の人気がわかります。ホンダはこのシビックの頃からもう環境問題に取り組んでいたのですね。ボンドカーに男の子向け着せ替え人形GIジョー、、、。ブリキゴジラは煙を吐きながら動くんです、僕も持っていました。バラゴンのバージョンもあった気がする、ほとんど変わらないで!スカイセンサーで短波放送がはやりました。今じゃあ、iTuneで音楽なんか手頃に聞けますね。どれも懐かしいものばかり、名古屋にお越しの際はぜひ行ってみてミソ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

個撮

0607hitme335_1 0607hitme676

昨日は、個撮なのでした。カメラマンは二人でしたけれど。考えてみれば個撮(個人撮影)は、初めてなんですね。最近はインターネットの普及でいろんなコミュニケーションのページがあるので珍しい事じゃ ないんですけれど写真は、HPで見ていても相手の性格がよくわからない。で、撮影会ばかり行っておりました。主催者の方のある意味保障もあるし撮られなれた方ですとかカメラテストも行っているので ポージングもうまかったりするし、カメラマンの撮影の意向も読み取ってくれます。そんなわけで楽チンの撮影会ばかり行っておりました。で、今回の個撮は、どうだったかというと、、楽しかったですねー。モデルになっていただきました ひとみさん素敵な女性です。あえて笑顔は 控えめにしていただいたんですけれど、こちらの意図をくんでいただき、ありがたかったです。今回のテーマは「今あいにいきます」の映画のような雰囲気でと 一緒に同行させていただきましたTさんのイメージで撮影スタート。名古屋の夏は暑くて、もう大変でしたが充実した時間がすごせました。モデルになっていただいたひとみさん、お疲れ様。HPの方にそのうちアップいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

近頃のフィギア

HMVのHP見てたらこんなの見つけました、、、

Jimmyp_1 Kart

ジ、ジミーペイジにカートコバーンじゃん!こんなの有りっすかー。キッスあたりまでなら許されるビートルズまでなら見ていないことにしよう。でもページさんにカートさんとは絶句です。アメリカのフィギアってどういう状態なんでしょう。でもちょっと欲しい良く出来ております、、。

Mickey

で、こんなのも。

ミッキーさん、あんた「クラッシュ」かい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

ラストコンサート放映

Lastconcert_800_600_1

「ラストコンサート」が明日BSNHKで放映されるんですね。この映画ずっとずっと好きで、レーザーディスクでしか 当時字幕版がなかったのでプレイヤーもないのに ディスクを買って電気屋さんでVHSにダビングしてもらい見ておりました。レンタルのテープはなぜか吹き替え版で画質も良くなかったんです。学生時代、銀座の名画座なんかで再上映をみたり、夜最終回で写真にまで撮った覚えがあります。それほどなぜかいとおしくさせる映画です。あの映像と音楽、ソフトフォーカスの掛かったあの雰囲気、、。もちろんDVDが発売された当日に入手しました。でもいざTVで放映されるとなんとなくうれしい。若い皆さんはご覧になってどう思うかな。もう30年も前の映画だし、ストーリーも先が読めてしまうんだけれど、自分にとって、ずっと大切にしたい映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

もうすぐ家にも光プレミアム

自宅のポストに以前から入っていた光プレミアム+ひかり電話のチラシ。よく見てみると工事費が無料な上に全国電話をかけても3分間で8円、安い! さっそく申し込みをいたしました。パソコンは劇的に速くなったんですがHPをアップしたりソフトをダウンロードしたりするとまだまだ遅い。別途の回線工事費も4000円位だし設定もやってくれるそうなのでこりゃあお得だと。昔、昔まだMSNでつないでいる頃、モデムの速度は28800、、、、。しかも松本から長野までの電話代がかかってしまって、まとめて請求が3万円以上来た時がありました。あれから10年、時代は変わり仕事にも生活にもネットとメールはなくちゃあならないご時世です。今のADSL回線は名古屋に転勤した時に47Mにしてもらったんですが、今の速度は約5M程度。会社の人に聞いたら50M位は出るらしい。うーん、うれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたEOS3デジタルの噂

Eos3f_1_1

以前にももっともらしく、EOS3デジタルが出るとの噂が出ていて写真まで載っていましたけれど またまた某サイトに出現しておりました、EOS3。今度はイメージセンサーにシグマが採用しているフォビオンを入れるとか、、。これ光の3原色RGBを3層にして取り込むという技術のヤツです。シグマのSD10なんかが採用していて評価は高いのですけれどこれでフルサイズだったら画期的なんですけれど。EOS3の銀塩の方は2年ほど使用しておりました。1Vのテストカメラだとか言われておりました。作りはチープでしたけど単体での撮影コマ数が早いしけっこう使えるカメラでした。1シリーズは銀塩の頃から一度使用すると他のキヤノンカメラがチープに感じてしまうほど作りが良いのですが、やはり高い!1DmarkⅡが壊れたらと思うとぞっとします。で、このくらいの3デジボディが今の5位の値段で出てくれたらよいのですが、、、。そうなると今の銀塩オンリーのカメラマンもちょっとはデジタルに行くのかなと思います。銀塩オンリーの方は なにくせデジタルを批判してしまいがちですけれど、使ってみれば眼からウロコです。自分もわざわざ銀塩に比べ高いボディを買ってフィルムより画質が良くない(という時代がありました)買う必要があるか、とも思っておりましたが使ってみたら完全に乗り換えてしまいました。まあ1台目から1Dだったせいもあるのですけれど。今は間違っていなかったと思っております。銀塩オンリーカメラマンの皆さん批判ばかりしてないで使ってみればよい。デジタルを35mm銀塩と比べること自体おかしいと思いますが これも中判フィルムやポラと同じフォーマットだと思えば良いのです。使いもしないで批判ばかりするのは、おかしい使ってみてから批判してください(笑)撮影会に行くと今はデジ一眼ばかりになっています。デジ一眼から始めた方も枚数ばかり撮りすぎていらっしゃる方も多い。携帯電話のカメラみたいに 撮っていらっしゃいます。フィルムカメラを使っていた時のようにデジタルになっても確実に一枚一枚丁寧に撮る、これが高性能になった現在のデジタル一眼レフの使用法なのだと思うんですけれど。

EOS1DsmarkⅡの後継機markⅢの噂もあります、2390万画素 秒間5コマ 3型液晶だそうで。もっと他にやることがあるんじゃあないか キヤノンさん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »