« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

ひまわりの思い出

Sakura001_1

0408aki018_1

神奈川に住んでいた時は毎年お盆の頃にひまわりが満開の場所があって撮影しておりました。この撮影が終わるとなんとなく夏ももう終わりかなあなんて思っていたものです。ひまわり畑の撮影のタイミングって難しいもので当日雨が降ったり、タイミングを逃すと花が自分の重さで下を向いてしまいます。満開のタイミングってそれこそ2週間位じゃないかなあ。2年続けて参加したこの企画の時も雨で撮影できなくて1週間伸びたりしましたがグッドタイミングな時期でした。撮影の時は脚立も高めの物がいるし(平行に撮ると奥行きがなくってただのひまわりの横に立っている写真になってしまいます)けっこう歩いて移動なんかもしんどいです。太陽に向かって咲くひまわりなのでポートレートの基本の逆光では撮れないし、葉の色かぶりも気になってしまいます。それでも虫の大嫌いなモデルさんでも我慢しても撮って欲しい写真だそうです(笑)今年もタイミングが合わなくて撮れませんでした、残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

40インチでインターネット

P1000458_1

先日部屋のインターネット環境もようやく光回線に変わりました。IEの速さはさほど感じられませんが、速度をサイトで計測してみると40メガ位のスピードになっておりました。で、今日部屋を片付けていたら年末購入したブラビアの取説が出てきて、これLAN端子付いていてネットいけるじゃんとケーブルを差し込むとあっけなく認識、40インチでインターネットが出来る環境に、、、。ただし自分のHPをソフトキーボードで入力するとこんな具合、、。全体が表示されません。写真とかみるとさすがに迫力があってピントなんかシビアにチェックできます。ソニーのブラビア用?のページでのニュースや音楽情報なんかはぴったり16対9で収まっているのでいいんですけれど。先日購入しましたネズミパソコンはデュアルモニターになっているんでパソコンモニター用端子なるものやUSB端子なんて付いているんで、いろいろ接続できるようですが、詳しくないのでやりません(笑)最近のパソコンで32インチモニター付なんてのもありますけれどこんな感じで使うのかいな。まあちゃんと表示はされるでしょうが。写真の見る環境としてはかなりいいです。液晶の諧調ってけっこう向いてるかもしれませんね。毎回こんなでかいモニターで再生されたら写真もピントやぶれなんかシビアにチェックされちゃうだろーなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

ついに発売50mmf1.2L

Ef50mmn_1

つ、ついに発売される50mmf1.2L!オジサンが、高校生の頃は一眼レフカメラと一緒に買うまず1本目のレンズはこの50mmレンズでありました。明るさでf1.4が標準的なボディにプロ仕様のニコンF2とかキヤノンF1なんかにゃあカタログでもf1.2のレンズが装着され売られておりました。50mmを使いこなすことが写真の上達への近道、なんてよく本に書かれておりましたが、若干高校生の自分にはそんな力量もなく すぐに望遠レンズ購入へ。背景をぼかしたり遠くのものを引き寄せたり出来るレンズに魅力を感じておりました。ところが、ある程度「写真」が撮れるようになると50mmというレンズの偉大さがわかってくる。このレンズ1本で広角よりに撮ったり絞りを開け寄れば望遠風に撮れる。フットワークによってカメラが自分の体の一部になってくる。今のキヤノンのEFレンズ50mmf1.4は高倍率ズームレンズを作れる現在の技術で標準レンズの50mmf1.4を作ったらどうなるかと製造されたレンズであり、素直な描写が気に入っていて 1D系を使う時には必ず一緒にバッグに入っております。20Dなどの1.5倍から1.6倍のフォーマットでは長すぎる。で、デジタル全盛の時代になると銀塩に比べモニターで大写しにしたりA3プリンターで印刷することが多くなった。f1.4開放で撮る場合などほとんどないがf2.8では今の24-70mmf2.8Lのほうが描写がよく感じられてしまう。そこでこのLタイプのレンズの登場なのだ。最新のズームレンズが標準の50mmの描写を抜いてしまったのなら、その技術で作ったシンプルなレンズ構成で作られたレンズが悪いわけはないじゃない。一昨年コンタのNXと一緒に購入したNタイプのプラナーの描写にはぶっ飛び驚いたが、さてさてこのレンズはどうでしょう。フルサイズのボディと一緒に使ってみたいなあ。でもEF50mmf1.4の3倍のお値段の185000円なりフィルターも72mmと2.8Lレンズと共用サイズの迫力です、、、、、。

http://cweb.canon.jp/ef/lineup/standard/ef50_f1.2l/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

あ、暑い、、、hikaruさん再び

0608hikaru236_1

0608hikaru248

0608hikaru492

先日浴衣を撮らせていただきましたhikaruさんの撮影なのでした。mixiのメンバー中心での参加となりましたのですが、岐阜の山、、、ちょっとは涼しいか?と思いきや「暑い、暑い」参りました。大阪では高校野球が白熱している最中、参加メンバーはまったりと撮影するのでした、、、。ボディもレンズも激重い1DmarkⅡにLレンズ、「ああ20Dにしとけばよかった」と思いつつ撮影は進むのでした。2回目にhikaruさんでしたが、今回はちょっといい女風に撮りたかったのです。途中のトンネルのやわらかい光がいい感じです。暑さのせいかお客さんも少なくゆっくり撮影できました。参加の皆様お疲れでした。hikaruさんもがんばったね。帰ってからのビールがうまかったなあ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

radiohead pabulohoney

Tocp3346_1

昨日WOWOWのビートファイルという番組でレディオヘッドをやっていたんです。レディオヘッドというバンドに関しちゃあ「ヘイルトウザシーフ」というアルバムだけは持っていたんですけれどこれはロッキンオンでも年間優秀アルバムにも選ばれ商業的にも成功したアルバムです。プログレッシブなUKバンドというのが僕の印象でありアルバムも非常にクオリティの高い物でした。これだけの音いれちゃってライブで演奏できるのかよというのが率直な感じです。で、このアルバムからさかのぼること10年以上このデビューアルバムを今になって聞くことになってしまいましたがこれがまた凄いですね。とくにシングルカットされた「CREEP」という曲、ああこんな曲今まで知らなかったのか、、。情けない、反省いたします。ことこの曲に関していえば今までの勝ち組を意識したロックミュージックの歌詞がひとつも見当たらない。あのオアシスでさえ自分を崇めるあの曲、ロックンロールスターをデビューアルバムに入れていたのに対しトムヨークの歌う歌詞には負けて負けて自己嫌悪から出てくる嘆き、叫びを叩きつけUKの若者に逆に共感を呼ぶ形になったようで。誰も勝てはしない、等身大の自分しかいない。ここは俺のいる場所じゃない。あの大ヒットした「ヘイルトウザシーフ」でさえ否定し、ソロアルバムをリリースするトムヨーク、これからどうするの?

When you were here before,
couldn't look you in the eye.
You're just like an angel,
your skin makes me cry.
You float like a feather,
in a beautiful world
I wish I was special,
you're so fucking special.

But I'm a creep, I'm a weirdo.
What the hell am I doing here?
I don't belong here.

I don't care if it hurts,
I want to have control.
I want a perfect body,
I want a perfect soul.
I want you to notice,
when I'm not around.
You're so fucking special,
I wish I was special.

レディオヘッド クリープより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

スタジオ撮影

0608naoko1563_1

暑い、暑い名古屋の夏は暑いのだ。友人のTさんと二人でスタジオにて撮影なんと5時間。ずっと撮影なのである。スタジオは涼しくて良いのだけれど移動がない割りに長時間は疲れました。モデルさんの方が全然元気なのである。おじさんちょっと夏バテと帰省の700キロドライブでへなちょこでした。直子さんお疲れ様!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

帰省

Kisei01_1

Kisei02

Kisei03

Kisei04

Kisei05

Kisei06

盆休みで実家の上越に帰省してきました。年に1度しか帰らなくてそれも1泊してすぐに帰ってしまうんでいつも慌ただしい帰省です。高速を降りる途中で見えた田んぼが新鮮に見えて思わず写真を撮ってしまいました。何年か前に冬に帰った時も雪が珍しくって写真を撮った覚えがあります。18年間暮らした故郷も考えてみればもそれ以上に別の土地で暮らしています。実家に帰った時より今の生活のほうがずっと快適になってしまいました。それでも年に一度の墓参りだけは行こうと思っています。年に一度の帰省は不思議な感覚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

ひまわり畑岐阜編

0608himawari013_1 0608himawari021

0608himawari0410608himawari078

0608himawari088

0608himawari065

夏の定番ったら、やっぱ、ひまわりでしょう!昔、神奈川で撮影会やったもんなー。ひまわりの多さに圧倒され、虫が嫌いなモデルさんも我慢しても一度は撮影したいひまわり畑、、、。で、岐阜にもありました。ここでの個撮も計画していたのですが岐阜の猛暑は思ったより早く満開となっておりました。朝、二日酔いで5時に目が覚め、うーんセミの泣き声で眠れません。で、早朝から高速を飛ばして行ってきました。8/6本日のひまわりです。前に撮影した時も満開は1週間位しか持ちません。花の重みでぐったりしてしまうそうですね。友人に教えてもらったHPは毎日のように開花状況がアップされておりまして今回を逃すと盆休みで撮影どころじゃあなくなると、行ってまいりました。でっかい電柱?が邪魔なような気がしましたがどんと広角で撮ってみました。長いレンズもって行かなかったのがちょっと悔やまれます。一斉に朝日に向かって花を咲かせるひまわり、いいもんですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

梅雨あけ、撮影再開。

0607hikaru077_1 0607hikaru150

0607hikaru274 0607hikaru299

やーっと、梅雨があけて撮影なのだ。しかし暑い、暑い、体が慣れてないから異様に暑く感じます。ひかるさんは学生さんモデルなのです。浴衣って見た目より暑いのによくがんばってくれました。蚊の急襲にあいながらもがんばったのだ。また、よろしくです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »