« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月23日 (木)

CANON PRO9000購入

Pro9000

4~5年使用していたA3プリンターのCANON F9000が壊れてしまいました。プリントすると1色が強調されて真っ青になってしまいます。A3サイズを出力したり酷使していたものなあ。一度A3の写真を見るともう元には戻れません。で、今回発売されたキヤノンのPRO9000は、キヤノンさん、力が入っている。店頭で見ても「デカイ」の一言。F9000よりもまた二回り位大きいんじゃないだろうか。プリントは店頭でも拝見していますが、一番きれいに出力されることを前提に撮られレタッチされているので信用いたしません。価格コムやいろんな掲示板で調べると評判もよい。またさすがにデジEOSとの連携もバッチリで直接RAW画像からWideGamutRGBに環境設定を変えれば幅広い色空間で印刷出来るそうです。で、やってみました、、、、。ビックリです。デジタルカメラにこんなに階調があるなんて驚きました。たかだか820万画素の1DmarkⅡの画質がここまで変わるとは思ってもみませんでした。最近は激安ネットプリントを利用していたし、年賀状を書くシーズンでもなければ購入には踏み切れませんでした。価格も交渉し待つこと15分53,800円+ポイント10%で購入。とにかく凄いっすね。色空間の色あわせもダイレクトでやってくれるのはキヤノンでもこの機種だけみたい。お勧めです。

http://cweb.canon.jp/pixus/lineup/index-pro.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

ペンタックスの逆襲

K10d

今日はお寒うございました。風が強くってまいった、まいった。名古屋で開かれたペンタックスK10Dのトークライブに行ってきました。このデジ一眼「K10D」は なかなか良く出来ています。キヤノンやニコンがプロ用とママカメラの両極端にシフトしている?な中写真を趣味でやっている人のツボをついたカメラです。ボディ内の手ぶれ補正の採用とレンズ内モーターの標準粋レンズの非採用は、人気のパンケーキ型薄型レンズを大きくしたくなかったからだそうです。確かにペンタックスのレンズって小型だし個性的な焦点距離を持っています。DA70mmf2.4limitedの薄型中望遠レンズなんか他社では思いつきませんもんね。で、この「K10D」って非常に心地よいシャッターです。C社とは全然違います。しかも1020万画素+22ビットAD変換、RAW現像までボディでやってしまうというスペック。しかも小さい。ペンタックス昔MEやMXで世界最軽量の一眼レフをつくったり110フィルムの超小型一眼レフや中盤カメラなどいろいろなフォーマットを独創的なアイデアで作ってきたメーカーで、今回の「K10D」も他社には、ないアイデアが詰まっております。詳しくは下のリンク参照。最近各社 デジ一眼レフの売り上げが好調らしく、各メーカーとも利益が最高だったとか、景気のいいお話ばかり。僕の友人の嫁さんも 最近デジ一眼レフを手に入れ本格的に撮影を始めております。デジタルになってから本当に間口が、広がって写真がマニアックなものじゃなくなってきた。銀塩時代と違ってフィルムまかせでなく、最終的な画像が出来るまで 各社が責任をもつようになった今、こういう心地良い、カメラの登場ってうれしいですね。ペンタックスの逆襲が始まったのでした。

http://www.pentax-k10d.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

トヨタブレード

Photo

先日ネッツでオーリスに乗り込んでみた。走ってはいないけれど、第一印象はっきり言ってイマイチです。メーター周りやシートの広さなんか良いのですが内装の質感がチト、良くない。個人的な、悩みは灰皿がないこと。あー最初から禁煙車かい!昔、僕が20代の頃禁煙はもとより土足厳禁にして車が汚れないよう乗っていた方が多かった。駐車場にはよく忘れられた靴が揃えて置いてあった光景をよく目にいたしました。同乗者が喫煙者じゃなければ僕も吸わないようにしておりますが、最初から灰皿も付かないのは、ねえ。アクセサリーみたいな灰皿を着ければいいんだろうけどけっこうあれ危ないんですよ、視線が下に行ってしまう。うーん12月に発表されるブレードも同じなのか、なんとかしてくれトヨタさん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

廃線

0611haisen

日曜日はT市にある、廃線となった駅でグループ撮影でした。うーんなかなかいいロケーションでした。冬の太陽って低くってレンズに直接光が入ってハレーション続発です。植毛付のフードでも役に立たない。結局レフ版でハレ切をしてもらっての撮影でしたので、撮影者、レフ持ち係り、ハレ切用レフ持ち係りと3人全員が休む間もなく撮影していたのでした。何も知らない人が見たらずいぶん滑稽な人達に見えたでしょうね。廃線になった駅って普段撮れないポジションで撮れるから面白い。またトライしてみたい場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

連休>電球

世の中3連休、僕は明日は仕事なのだ。中日優勝パレードで街中は、えらく盛り上がっているみたい。先日の撮影でひっぱり出して使った三脚がぶっ壊れてしまい、いろいろ迷ったあげくベルボンのELカルマーニュ535というカーボン三脚を購入いたしました。ネットを見ていたら、文化の道でイベントをやっているし、ランの館もライトアップを行っているらしい。こりゃあ今三脚を買わなければ、と購入に踏み切りました。本当は645あたりを考えていたんだけれどちょっと予算オーバーです。さて文化の道も人がいっぱい。ランの館もおばちゃんパワー炸裂、アベックばかり。三脚を立てて20秒位の長時間露光をしていると、コンデジでビシバシストロボを焚かれてしまいます。でも文句もいえません。公共の場所ですから、、、泣。コンデジや携帯電話のカメラが普及してから、写真を撮る機会が増えたようですね。でも多分ストロボを焚いた写真はムードないし、携帯の感度とシャッター速度じゃこの景色は写せまい。みんな、一眼デジと三脚立てて撮りましょう。皆がやるともっと邪魔だけれど。あ、僕が邪魔ですか、すいません。

0611nagoya063_1

0611nagoya090

0611nagoya096

0611nagoya108

CANON EOS20D RAW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »