« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

桑名の洋館

桑名に行ってみました。桑名市は名古屋から、高速を使って30分も掛からない、近い場所。そこにある洋館が今回の行き先。山林王だったという方の邸宅が公開されていてなかなかナイスな建物でした。横浜で洋館に目覚めた私なのですが、かつての富豪や著名人が住んでいた歴史のある建物がけっこう好きです。その時代に建てたものですからコスト的にかなり掛かっているだろうし、自分がその時代に生きていたとしても決して入ることが出来なかっただろう建築物に、カメラ片手に入れる今の時代が素晴らしい。

0701kuwana001_1

道を間違えて私有地の方に来てしまいました。赤いポストが印象的っすね。

0701kuwana002

0701kuwana003

0701kuwana005 0701kuwana006

0701kuwana007

0701kuwana008

0701kuwana009

一緒に併設されている「和館」の一部です。お茶会が開かれておりました。

0701kuwana010

電源スイッチです。お洒落ですね。

0701kuwana011

こんな撮影もデジタルになってISO設定が出来るようになってからのことですね。邸内は三脚が禁止されていますので感度の低いフィルムなどでは、撮影は無理です。

canon EOS20D RAW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

文化のみち 二葉館

0701hutaba011

そういうわけで、、、、名古屋城に続いて文化のみち二葉館に行ってまいりました。ここは日本の女優第一号として名をはせた「川上貞奴」の邸宅を再現した和洋折衷の建物なのです。復元されてからまだ2年しか経っておらず、白壁周辺を探訪するのにまず寄りたいところなのであります。当時の生活を再現した部屋や展示物が置かれ入場料も200円とリーズナブルな所。近くには豊田佐助邸や市政資料館もありまして文化の日には催しものが行われております。

詳しくはHPで

http://www.futabakan.city.nagoya.jp/how_to_use.html

0701hutaba002

0701hutaba003

0701hutaba004

0701hutaba005

0701hutaba006

0701hutaba007

0701hutaba008

0701hutaba009

0701hutaba010

で、そろそろ4年間乗ったist君ともお別れです。来週か翌々週位には年末発注したブレイド君がやって来ます。小さいながらけっこう走ってくれました。走行距離は伸びませんでしたが実家に帰る雨の中、かなりの速度で飛ばしまたが15インチのタイヤは道路をしっかりと受け止めてくれました。ただ街中ではゴツゴツして道路の路面を受け止めけっこうつらいものがありました。さて結局、納車まで試乗もしていなかったブレイド君の走りはどうなんですかね、楽しみです。

0701hutaba012

(ist の運転席です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

初めての名古屋城

0701nagoya003

名古屋に来てもうすぐ2年だというのにまだ名古屋城に行っておりませんでした。名城公園や近くまでは来たことがあったのだけれど、、、。で行ってまいりました。

0701nagoya023 0701nagoya031

あの万博で有名になった金鯱の実物大の模型です。消火器と比べると大きさがわかります。でもこの名古屋城も金鯱も第二次世界大戦で焼けて,そのほとんどが昭和34年に復興されたものなんですね。昭和37年に公開された「モスラ対ゴジラ」で破壊される有名なシーンはその時代に復興されて話題になったからかな。関係ないですけれど、、。城の中は再建されてからエレベーターはあるわ、3Dシアターやみやげもの屋さんまで入っておりまして昔何回か行った「松本城」とはずいぶん違いますね。

0701nagoya037

天守閣から見た名古屋市の風景です。

0701nagoya044

こうやって見ると非常に美しい城なんですね。あのグリーンぽい屋根が印象的です。

CANON EOS20D EF-S17-85mmf4-5.6IS EF-S10-22mmf3.5-4.5 RAW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

今年最初の撮影は、、、

070113

今年、最初のグループ撮影は昨年出来たばかりのスタジオ「P」でした。例によってウェブ掲載は出来なくて残念なモデルさんです。気合を入れて単体露出計を持ち出しての3時間の撮影。スタジオは自然光とライトで外とは違ってポカポカです。うーんモデルさんは今にも眠ってしまいそう!やっぱり冬はスタジオに限ります。外寒いんだもの。

CANON EOS-1DmarkⅡ EF24-70mmf2.8L

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

2006年ロッキンオン年間ベストアルバムは

Sutadium

2006年ロッキンオン年間ベストアルバムは 

ステイディアム・アーケイディアム - レッド・ホット・チリ・ペッパーズでした

5月に発売されたこの2枚組アルバム何度聞いたことか。前回のバイザウェイがヒットし過ぎ?レッチリのメンバーでさえかなりプレッシャーがあったのではないかと正直心配でございましたが、これがその不安を覆す出来ばえ。たいてい大ヒットアルバムが出たロックミュージシャンは、次のアルバムでコケテしまいます。あのイーグルス、ピンクフロイドでさえ、多分にもれず。ツェッペリンでさえそうなのです。オリジナルアルバムの前にベスト盤、ライブ盤、DVDライブ盤と立て続けにリリース、「バイザウェイ」で獲得したファンに過去の楽曲を聞かせた後にこの決定的なアルバムのリリース。カリフォルニアのマネージメントはしっかりしてるなあ。WOWOWで見たライブの異常な盛り上がり、、、。もうすぐ正式な来日ですな。見てみたいもんです。

でも年々ロッキンオンに載るミュージシャンて、知らないものばかりになっている。10位までで知っているのは、トムヨークとディラン、ベック JET位かやばいなあ、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

熱田神宮で初詣

0701atuta

熱田神宮に一人で初詣に行ってきました。まあニュースでやっていたけれど108万人の人出だとか、、、。通りで後150mの所まで来て動きません3時過ぎに行ったんだけれど。去年は初詣にも結局行かず、ロクな事がなかったので、神様と話をつけに行ってきた。100円のお賽銭を投げ込み、

「今年は幸せにしてね!」と拝みました。

これでよし、今年はきっといい事があるぞ!!!ついでに おみくじを引いたら「小吉」。お賽銭の倍の200円もしたのに、、、。おみくじより高い電車賃を払ってただいま帰宅いたしました。

今年はいい年にしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレイドのナビ用に、、、

明けましておめでとうございます。このブログも今日で一年経ちました。本年もよろしくお願いいたします。

さて年末最後のお買い物でした。1月中に納車される「ブレイド」の純正HDナビにはトヨタのG-BOOK ALPHAなるものが対応されておりましてBluetooth(R)対応の携帯電話との連携でいろいろな情報が得られます。まあ渋滞情報なんかVICS(FM多重)でいいんですが、せっかくハンズフリー機能やHDD録音?の為のCDのトラック情報なんかあるんだったら使わない手は ありません。個人の携帯電話も購入後1年半経過していてそろそろ買い替え時かと思っておりました。

最近のワンセグ携帯も魅力だったのですが、会社用に支給された携帯SH902isに 会社紹介や工場の生産システムのビデオファイルなんか入れられて商談の時に得意先に見せて回っているうちに、こんなものかと勝手に飽きてしまいました。それに最新の機種ってまだまだ高い。携帯電話に3万円も出す気は、さらさらないのです。しかもこのナビに対応している機種はP902is位、最近の903iにはハンズフリー位しか対応していないんですね。まあトヨタはauを傘下にした位だしトヨタ製携帯もauみたいですからね。

でビッグカメラに行ったらちょうどBluetooth(R)対応のヘッドフォン付で1万円ちょい。うんリーズナブルだ。で即決いたしました。Bluetoothってなんとなくしか理解していなかったし、接続の設定なんかやってみるのにちょうど良いかと。で、すぐに着歌フルで「オアシス」の曲を2曲ほどダウンロードしてみました。315円かちょっと高いですね。でも「ワンダーウォール」は 最近のベスト盤からのトラックなのか曲が始まる前にノエルの咳が入っている(笑) レアですね!

付いていたヘッドフォンは こんな感じで人前ではしたくないデザインです。これならワイヤレスじゃないほうがいいんじゃない?

Hedset

これじゃヘッドフォン本体だけでipodシャッフルより、でかいじゃないか。所詮、携帯電話ですからね。多分外じゃ使わないなあ。音質といえばなかなかシャープな音ですが、やはり低音が出ないですね。JPOPならいいけれどロックな音には 向いていないです。

やはりナビのCDトラック名の所得位にしか使わないですね、自分としたら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »