« 坂井裕美&藤野千暁 zero in 明治村 part Ⅰ | トップページ | Nirvana - In Bloom »

2010年9月27日 (月)

TDPS 小林幹幸 セミナー参加

tamaさん主催のTDPSでの小林幹幸さんのセミナーに参加。昨年のポートレート専科で一番気になっていた写真のカメラマンだけにちょっと突っ込んだ質問もさせていただきました。のせいか「あなた何者?」なんて言われてしまいましたが、凄く写真のことを考えさせられる一日となりました。

僕の質問は「プロカメラマンの作品を拝見するとその写真の中の空気感や作品の重さを感じます。僕らは技術なんかは、いろいろ勉強すれば知識として身につくのですが、その重さや空気感なんかはなかなか表現できません。どうすればそこまで行けるのでしょうか?」さて答えは。

教えてあげない!(o^-^o)

ヒント

撮影会なんかでも他の人が撮っている横から撮影しない。じっと我慢して自分の時間のワンチャンスにかける。他人の真似をしない。自分だから撮れる一枚を集中して撮る。短い撮影時間でもロケにあったドラマを作る。(モデルの支持につながる)写真は執念。最近は組写真の出来ないカメラマンが多い。自分のスタイルの確立を。

ポートレートって実は硬派なんです。ブックの批評でポートレート専科に一番近いと評価いただきルンルン気分。ああ俺は軟派だなー。個撮タイムでも「モデルに対して我がままだなー。モデルから好かれないでしょ。でもいい写真撮ったら勝ちだからなー」撮影スタイルまで指摘いただきました。僕が途中からやる変拍子撮影のこと。でもあれやらなかったら乗れない。撮らされ気分が抜けないのだ。

で、セミナーです。小林さんのカメラはペンタ645D、なぜこのカメラか?またまた眼からウロコの使い方。勉強になるなあ。

1009_tdps_k_s_044

1009_tdps_k_s_067

で個人撮影タイム。新人の彼女、現役高校生。

こんな感じが。

1009_tdps_k_s_104

ライティング。服装、髪型まで、好みにさせていただきました。証明写真みたいですかね。でもポージングの引き出しもあまりもたないようだし、シンプルに追求した結果です。

1009_tdps_k_s_120

1009_tdps_k_s_178

次はファッション系の彼女。我がまま撮影で申し訳ないっす。

1009_tdps_k_s_186

時代はノイズレスですがノイズをあえて入れたのがカッコいい感じがしたので。

1009_tdps_k_s_218

撮影後は懇親会。撮影に参加できなかった方やAIRAさんも現れてブックの批評会。前日に小林さんが撮影され、写真集として印刷された本も拝見。すげーなの一言。わずか二時間で撮影されたそうです。時間をテーマにした最新写真集。tamaさんのスタジオにしばらく置いておくそうなので拝見されたし。でわでわ、お腹一杯になった一日でした。

canon5DmarkⅡ 24-105mmf4L 50mmf1.2L pscs5ex RAW

|

« 坂井裕美&藤野千暁 zero in 明治村 part Ⅰ | トップページ | Nirvana - In Bloom »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20440/36951227

この記事へのトラックバック一覧です: TDPS 小林幹幸 セミナー参加:

« 坂井裕美&藤野千暁 zero in 明治村 part Ⅰ | トップページ | Nirvana - In Bloom »