« 着きました | トップページ | Buckethead - Soothsayer live »

2011年6月14日 (火)

松たか子さんとFM2

WOWOWで放送された「告白」、DVDでは3回見ているけれどHD画質で見ると全然違った印象でした。情報量が圧倒的に違う。邦画もレンタルでもっとブルーレィを増やしてほしい。まあそんなことはどうでもよいけれど昨日FEがレンズもそろってシャッターを切っていたらこの映画の主演女優、松たか子さんのことをいろいろ思い出した。

プライベートで使っている(もう何年も前のことだから今はわからないが)のがニコンのFM2だった。レンズは標準レンズ。インタビューをどこかの記事で読んだことがある。プロカメラマンから、「このレンズが体の一部になるまで撮ってみなさい。」といわれレンズ一本で撮り続けていたらしい。素晴らしいことであります。昔は一眼レフカメラは標準レンズ50mm一本付で売られていた。自分が動くことで広角にも、望遠的にも使えレンズが明るいので絞りによってボケの効果が得られた。今はいきなり28-300mm相当のズームが小さくなって便利になった反面、撮る人間が動かなくなった。しかも撮影する素子のサイズが小さくなったためピントの合う範囲が広くボケも楽しめなくなった。

そういえばライカで有名なUカメラマンと大撮影会の時話していたら「最近のアマチュアカメラマンはボケの効果がわからなくなっている人が多い。デジタルになってボケないカメラでズームレンズばかり使っているからな」なんてことを言っていたな。

ファインダーのないカメラが増えて小さくなったのはいいけれど携帯電話やコンデジの構え方と同じような撮り方で撮るカメラが増えてきている。この前、友人に一眼レフを貸してあげたらファインダーを覗かずいきなり液晶になにも写っていないと不思議がっていた。そんな時代である。家電メーカーのマイクロフォーサーズも一台持っているけどほとんど使っていない。なぜか面白くないのである。やはり家電であってカメラメーカーじゃない。

松さんのFM2で撮影しているところをどこかで見たことがあるけれど一生懸命片目をつぶってピントリングを回し、シャッターを切り細い指でフイルムレバーを回す造作がすごく可愛かった。モノクロ写真とエッセイを書いた本も出ているので探してみてください。けっこう「お」って思う写真があるから。

Matu1

やっぱり。決めつけちゃいけないけれど女子にはシルバーボディが似合う。今のデジタルならPENかX100を持ってほしいな。

間違ってもS社のNEXとかこいつだけはやめてください。

Fagold

新宿のマップCで売っているみたいですが、、、

|

« 着きました | トップページ | Buckethead - Soothsayer live »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20440/40391419

この記事へのトラックバック一覧です: 松たか子さんとFM2:

« 着きました | トップページ | Buckethead - Soothsayer live »