« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

オリンパス 出たねー

3台一挙に発表、個人的には旧モデル?のEPL2が良かったけれど さすが家電メーカーじゃないカメラメーカーだけあって外付なれどビューファインダーが装着可能 ミラーレスで最後まで残るのはオリンパスだと思う コンセプトがしっかりしているもん 今の僕のパソコンの壁紙はこれです 2台並べたこれです ハーフサイズとマイクロフォーサーズ 過去と現在だよね

http://www.olympus.co.jp/jp/fun/wallpaper/camera/dl.cfm?id=320&type_id=17&la=ja

オリンパスのホームページにあるこれ!熱いよね 熱いし素晴らしいことだ

http://www.olympus.co.jp/jp/corc/history/lecture/vol5/part1.cfm

初代OM2のデザインなんか素晴らしい 独自の世界を作ったメーカーです

でも結局はこれだよな ぽちっと

M9p


珍しいM9コンセプトの画像なんかあったりして

M9c1

M9c2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

X100 book 読んだよ

暑すぎて6時30分に飛び起きた、これで6月なんだから。今日発売されたばかりの「X100book」一気に読みました。目からうろこのことばかりなり。アンセルアダムスが確立したゾーンシステムや一眼レフとレンジファインダーの撮影方法の違い、メリット、ローライ、ライカとこのカメラを比べた撮影方法など。やはり改めてファインダーは大切なんだなと思う。ライカM9の液晶が価格の割にあれだけプアーなのも、ファインダーありきだからだろうな。最近のいわゆるミラーレスカメラの液晶画面は便利なものだけど、目視できる広大なファインダーから見ると本当に小さなものだ。

一方一眼レフタイプのファインダーはボケ身が写るように見える反面、それは開放絞りで撮影されている画像しか見えていないため絞り込んだ時にピントが合う範囲を見ていないことになる。レンジファインダーはすべてにピントがあっている状態を見ていて、絞りの効果さえ認識していればボケて鮮明に写らない部分まで神経が行き届くことになる。

ある番組でライカの担当者がライカM9のこの大きさは、大型の一眼レフと違って顔が半分しか隠れないためシャッターを押す瞬間でもコミュニケーションがとれるということを言っていた。最近のミラーレスがどうかといえば、撮影している姿を見ていると小さな液晶を注視しているため皆「寄り目」になっている。かっこ悪いのである。試しにコンデジでもいいから液晶を見ながら鏡の前の自分を撮ってみると恥ずかしいことに気が付く。GF1も持っているけれどスナップには使うが人物撮影に使うのはやめた。真面目な顔して「寄り目」で、口をぽかんと開けたまま撮っている自分は絶対モデルさんからキモイと思われていると思ったからだ。

なんかこの本読んでいたらX100を改めて認識したともに、ライカM9Pがますます欲しくなった。やばいな。

Dsc00055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

あ、暑い X100

名古屋の気温は34度だそうですが、車の外気温計は38度を走ってもキープ。アスファルトは暑いんだよね。X100持ってランの館に涼みに行きました。明日、内田ユキオさんの書いたX100の本が出ます。Tカメラの大撮影会で講師としてこられた時に、僕の使っているビリンガムのバッグがきっかけでいろんな話が聞けました。内田さんといえばライカですが、この時首からぶら下げていたのがX100でした。べた褒めでしたが、僕の方はまだカメラが到着して3日目。あの時いろいろ聞いたことが少しずつわかってきました。明日の本の発売も楽しみです。たぶんデジタルとしての画質じゃなくてフジのリバーサルフィルムを使ったことのある人なら、気づくんじゃないかな。そんなデジっぽくないカメラです。たまに5DmarkⅡにLレンズを付けた時よりいいんじゃないかと思う色が出る時があります。ウェーブじゃ、ちょっとわからないだろうけど。

Dscf2361

Dscf2376

Dscf2393

http://direct.ips.co.jp/book/Template/Goods/go_BookstempGR.cfm?GM_ID=54207&SPM_ID=1&CM_ID=004000E60&PM_No=1023&PM_Class=N&HN_NO=00400

そうそうウェーブで思い出しましたがお持ちのモニターでこのページを見て、同じ色が出てるかチェックしてみてください。

http://miyahan.com/me/report/computer/070125_WUXGA_LCD/ColorManagement_test.html#Test_CMS

面白い実験です

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

LEICA M9P

Leica M9-P from leica camera on Vimeo.

一度、試写させていただいて諦めていたM9.。M9Pが発表されてからまた物欲が。誇らしげすぎる赤いバッジがついてないのがいい。X100を購入してから気づいたファインダーを覗いて一枚一枚シャッターを切ること。昨日も5DmarkⅡじゃ800カット、フィルム時代は36枚撮り4-5本だった。あの感覚デジタルでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日からウルトラQ

今日からwowowで「ウルトラQ」がハイビジョンリマスターで放送されるんだぜ 昔のテレビ番組は16mmで撮られていたんだけれど「ウルトラQ」は映画と同じ35mmで撮られていたんできっときれいだぜ DVDもっているけど全部録画するぜ カラー着色盤も出るんだぜ

Uq

だららら、だららら、だらーん、だらーん、だららら、だららら、だらーん、だだーん

Name

ウルトラQやるんだぜ がおー

Gara

ウルトラQやるのよ ぎゃおー

1103mika_m_1_245

ウルトラQやるんだってさ がおー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

Led Zeppelin - Whole Lotta Love (1997 Promo)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Led Zeppelin - Achilles Last Stand (LA 1977)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cream, White Room

| | コメント (0) | トラックバック (0)

oasis live forever

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/26 zero 森美紅さん 速報盤

夏っすねー。30度超えたら夏でしょう。エアコン入れたら夏でしょう。夏ったら、夏でしょう。夏ったら浴衣でしょう。そんなわけで今日は浴衣の森美紅さんです。似合いすぎてびびった。素敵すぎてピント甘い。紫陽花のような可憐な森美紅さんです。

5倍効くどこでもべーぷ用意してのお寺コース。やっぱり浴衣とこのコースは、ばっちりはまりました。速報盤です。久々にEF35mmf1.4L使いましたがやはり素晴らしい描写。今日も単焦点レンズで撮影です。

canonEOS5DmarkⅡ EF50mmf1.2L EF35mmf1.4L シグマ85mmf1.4

1106_miku_m_2_0346

1106_miku_m_2_0531

1106_miku_m_2_0687

1106_miku_m_2_0782

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

6/5 ZERO 森美紅さん

6/5に撮影させていただきました森美紅さんです。どれも目線ありばっかりです。ただの撮影会と違ってサークルなので写真好きが集まります。一対一で撮るシーンが多いので必然的に目線ありの写真が多くなってしまいます。レンズも標準レンズと85mm位の単焦点レンズがあれば自分が動きアップも全身もいろいろ撮れます。ズーミングに頼らず自分で動いて邪魔が入らないのは実は凄く大切なことです。24-105mmとか使っても撮りますがやはりズームレンズはゆがみます。フォトショップのレンズ補正などを使ってのゆがみ補正を使いこなせればいいでしょうが、できればゆがまない単焦点レンズが望ましいと思います。

70-200mmの望遠系ズームレンズ等はよくいう「囲み」の撮影会には向いていますけれど、モデルさんへの指示が距離を撮ってしまう為、コミュニケーションも難しいし指示も出しにくい。だからそのモデルさんの「得意な表情」ばかりになってしまいます。

某大撮影会で写真を見せていたカメラマンが「うまいのに同じような表情ばかりの写真ですね」とプロの方に言われていたのはそのせいかと思われます。「んじゃあお前どうよ」と突っ込まれるかもしれませんけど「下手なりに工夫してがんばってます」としか言えません。

1106_miku_m_1_0008

1106_miku_m_1_0124

1106_miku_m_1_0162

1106_miku_m_1_0218

1106_miku_m_1_0374

1106_miku_m_1_0496

1106_miku_m_1_0548

1106_miku_m_1_0607

1106_miku_m_1_0685

この日のテーマは「スマイルレス」無表情っぽく撮りたかったのです。普段の美紅さんは凄く明るい女の子。明日も撮らせていただきます。浴衣とLEDライトでちょっと遊んでみようかと。あと一人位、参加者が増えてくれるとあいがたいな。

レンズ補正で思い出したけれど「ライカS2」のレンズってソフトでのレンズ補正がまったく必要ないらしい。欲しい性能から突き詰めるとあの値段になってしまうのか。GF1の標準レンズ20mmf1.7と同じ位の大きさのファインダーをのぞいた時はびびりました。マニュアルでもしっかりとピントの山がわかるファインダー。かたや今、国産メーカーはファインダーレスのチッカメばかり、出してくる。広角レンズをくっつけてちっこい撮影素子。ゆがむは、ぼけないわ、でもお手頃でとりあえず撮れるそんなのばかりなり。プロはS2とD3Sにシフトしているらしい。プロじゃないけど「趣味なら本気で」ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Keith Richards by Annie Leibovitz for Louis Vuitton

ルイヴィトンとキースの組み合わせ 意外さがアニーらしいっす

しかもその場でレタッチ済みの画像が出来上がっている

レタッチャーがやったにしても早すぎる

ルイヴィトンの広告そのまんまが!出来ているしキース本人もそれでオーケー出している!

アニーの撮影は早いのが有名で撮られた人は「もう本当に終わり?」とよく問いかけるそう

撮る前にイメージが固まっているから後は撮るだけなんだよね

さすが世界一のカメラマン(カメラウーマン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Annie Leibovitz Lavazza Calendar 2009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Annie Leibovitz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

chic and slash : le freak

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%B9

7/11 wowowで、ナイルロジャースのブルーノートでのライブが放送されるな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

一昨日

お会いした小林幹幸さんの撮影したAKB48の写真が凄いことになっているらしい

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110620-00000325-oric-ent.view-000

今日のブログで更新されたメッセージ またまた熱いな

セミナーで聞いたメッセージそのまま

109だけじゃなくて東京、大阪そこらじゅうに写真がたくさん

10年かけて説いてきたメッセージが熱いな

「東京スクールガール」見直します

こんな下手くそカメラマンに「クロちゃん」って声かけてくれてありがとうございます

凄いです

目標にいたします

http://evergreen.chicappa.jp/photoglife/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏ですな

今日は暑かった。車に乗ったら38度ってなによ。走って下がると思ったら35度までしか下がらんかった。熱いぜ。デブにはつらいぜ。って言っているうちにまた世界最小が更新されました。やっぱり出た、ちび太君用かな。もう一台出ます。O社から。すぐに。これもまた小さいです。勝手にやっててください。

鶴舞公園のあじさいです、まだいけますね。菖蒲は土が乾いて枯れてました。

Dscf2293

Dscf2326

X100です。基本的にスナップは当日アップしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

Leica S2 Studio

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SHOOT WITH LEICA S2

http://shuffle.genkosha.com/event/dpds/2010/7531.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Florian Wagner - The S2 on a Safari

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出ました

ね。ライカM9-P。そしてこのファインダーの作り、工芸品みたい。この間、見たテレビで驚いたのは一台、一台、人の手でチェックして出荷していること。国産品は何十台に一台を抜き取りしてチェックして出荷しています。それと何十年も前の部品を全部残していていつの時代のライカでも修理が可能だそう。僕の家のバイオ君。やっと昨年ローンを支払終えたら、バッテリーが劣化して80%までしか充電できない。新しいバッテリーを購入しようとしたらディスコンで買えない。あるのは中国製の互換バッテリーだけでバイオスの書き換えが必要だとか。世界最小とか言ってるけれど半年置きに新機種が出て、半年後に半額で売られている今のミラーレス一眼。いっそのことコンデジのレンズ交換できる機種を出したらいいのに。今月末にも二社が最少とか言って出てくるみたい。使いやすい大きさが好きです。やっぱりファインダーが付いた機種がいい。だから今は、X100です。

M9p

写真はX100で撮ったもの。そろそろ紫陽花も終わりかな。

Dscf2225

Dscf2249

Dscf2260_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

デジタルフォト&デザインセミナー

アドビのセミナーに行ってまいりました。内容盛りだくさん、平日なので知っている人間いないかな?と思ったら、あらあら世間は狭い、知り合いがちらほらと。フォトグラファーの小林幹幸さんのライカセミナーでは実際ライカS2をその場で使ってポートレートを撮る場面もあるなど、うん初めていったけど面白かった。休憩時間に小林さんにあいさつに行ったら「覚えてるよ」って言われてうれしかったなー。最近は、AKB48の渋谷109の写真やDVDのブックの撮影をされてるそう。

で、やけにライカS2って軽快に撮っていらっしゃったので展示されていたボディに持っているCFカードと同じものが入っているので試写させてもらった。DNGファイルでも問題なし。書き込みが早い!4000万画素ファイルサイズ40Mでも他社カメラとは違いストレスなし、使える。でも標準レンズ付で310万円。去年、車用の資金でポチっとしそうになったけれどカードの限度額超えている。ローンはアホらしい。現金持って銀座か、京都行かなきゃ買えん。真剣に悩んでしまった。あのGF1のパンケーキレンズの大きさのファインダーを覗くとしっかりマニュアルでもピントが読めるファインダーが待っている。しっかし、こんなの買ってこの程度しか撮れないのかと言われそうなのも、、、。

思ったのが今使っているCS5EXの1%も機能を使っていないこと。レタッチャーやCGデザイナーの作品、操作を見てそう思う。レーシングカーに乗って時速40kで走っているようだ。で、動画の時代もHDから4Kに変わろうとしてるそう。メモリー48Gのパソコン、、、。なんか次元が違う話ばかり。実際4Kの化粧品の瞳の画像を見るとびびります。ハイビジョンなんてもんじゃない。

コンデジを持って行ったけれど撮影はまずいと思い撮らなかったら、あのラッセルブラウンだけは違っていた。写真を撮れば喜び、その場でツイッターに書き込んでいる人にはお礼に限定のビデオが入ったUSBをプレゼント。最後にはツーショット写真や撮影会まで始まってしまった。あのCSを購入した時ついてたDVDに入っていた人がその場にいるんだもんね。帰りにおみやげのマグライトをもらって帰ってまいりました。楽しかった!

Dsc00040

Dsc00047

後ろにいるのは息子さん

Dsc00049

ツーショット撮影会始まる

Dsc00052

素顔がちょっとわかる

ソニーのコンデジ、よく写ります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

Magnum Photos books

マグナム、うーんマグナム 凄い写真ばかりだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TAXI DRIVER   HD

BSでHDリマスターされたtaxi driverを見た。この予告編の画質なんてもんじゃなく、もうフィルムの粒子まで見えるような状態。彩度を上げることなく再現されチューニングされた画質が凄い。今月号の「HIVI」でもリマスターされたブルーレィディスクを視聴する時のモニターのイコライジング設定まで載っているからレンタルして見てみよう。この映画で登場する銃。44マグナム。キヤノンF1のイメージ。そう昔のプロ機はまるで銃だった。

この映画の中でテレビから流れるジャクソンブラウンの「レイトフォーザスカイ」が悲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィルム CDサービスを試す

土日のスタジオ撮影でFEを試してみた。昔、FEの後に購入したF3でシャッタームラが出てしまったことが記憶に残っているためだ。デジタルだったらその場でそんなこともわかるのだけれどFEじゃフィルムを入れて撮ってみなきゃわからない。別にプリントするわけじゃないのでCDに焼いてくれるサービスも試してみた。

コストはフイルム代530円 現像代630円 現像同時CD代380円(キャンペーン価格)で所要時間は40分。近くの茶店で食事をしてれば澄む時間であります。ただ1本あたり1500円もかかる訳で、4本も撮ればもう一部撮影会に参加できてしまう。40本撮るとデジタル一眼レフのキットが買えてしまう値段、、、。ただ、愛着のある昔のカメラを使いたい方には面白いサービスだと思う。スキャナーで全コマ読み込むというのも現実的じゃない。

CDロムには専用のイメージビュアーソフトも入っていてネット経由でプリントが出来たりスライドショウが表示出来たりいたします。無視して画像だけHDにコピーいたしました。画像サイズは1840x1232のjpeg。そんなもんだろう。

で画像はこんな感じです。多少レタッチしています。(プロのモデルさんなので)

Fh000014

Fh000028

ノートリミングです。上の写真の左側の暗さはなんだろう。シンクロを上限の1/125秒で切っているせいかもしれない。

FE+MD12で今回利点もありました。あの甲高い巻き上げ音にモデルさんもびっくり。「なんか本格的ー」っていわれ囲みでも目線がビシバシと。考えてみればデジタル全盛時代。フィルムで撮られたことのないモデルさんばかりかも。ただしAFに慣れきっているせいかちょっとポージングを変えられるとピントがついていけない。学生時代のあのガツっと撮っていた自分にゃ戻れないな。

いろいろなフォーマットがあるデジタルですが、やっぱりフルサイズ+50mmがいいです、自分には。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

スタジオパレット 綾瀬里緒さん 撮影

梅雨、やーですねー。午後から出かける予定が雨雲みてたら急遽変更。スタジオパレットの綾瀬里緒さんの撮影会に参加することに。遅いスタートだったので空いていたはずが行ってみたら満員になってました。早めに連絡入れておいてよかったです。前々から気になっていたモデルさんです。いやし系ですね。いろんな光作ってもらっての撮影でしたのでサクサクと撮れました。個撮時間も多かったので楽しかった。初めましての一枚アップ。

canon EOS5DmarkⅡ EF85mmf1.8

1106_rio_a__0264

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

ニコンFE始動!!!

蘇えってしまったニコンFE、やっぱ使ってみたくなってしまった。あいにくの天気だし、ってことで急遽、tamaさんのセミナーで使ってみることに。しかし、スタジオでの撮影のためにストロボでの撮影時使用することに。昨日はフィルムを買いに(5年ぶりくらい?)行ってみたが昔売っていた100円ショップもDSにもなし。思った以上にフィルムって売れなくなっているんですね。

結局大型店舗で購入、ストラップも革製にいたしました。リバーサルのフィルムスキャンは手作業でやり、価格も高いのでネガフィルムにいたしました。フィルムに入れ方忘れているし、フラッシュメーターの使い方も忘れていてまいりました。1分間でのシンクロで撮った枚数が21カット。ストロボのインターバルも入れりゃそんなもんか。後でフラッシュメーターで計りなおしたら露出(絞り)は、ばっちりで安心いたしました。

デジタルと違って露出決めるにもヒストグラムを見れないわ、色もわからんわで緊張しますな。お金もかかります。フィルム時代の写真趣味ってやっぱり贅沢だったんだろうな。

な、わけでなぜか撮る機会がなかった 野木久美子さん デジタルでの一枚です。フィルムは明日CDRに焼いてもらおう。スキャナーあげちゃったし。

1106_kumiko_n__0214

追記 エイリアンのデザインはHRギガーというスイスの画家でデザイナーが考えたものです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/H%E3%83%BBR%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC

http://www.hrgiger.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

千種公園 ゆり 再び

行ってまいりました。「ゆり」もけっこう少なくなっていて、もう少しで終わりかな。枯れてきた「ゆり」はきれいに切り取られています。先回は白いゆりが咲いていなかったので再チャレンジです。

またまたX100で。色がいじっても飽和しないのが凄いです。これでコンデジかいな。

今月末にx100のムック本が出ます。著者は内田ユキオさん、ライカ使いで有名な方。大撮でお世話になりました。買わなきゃな。

http://direct.ips.co.jp/book/Template/Goods/go_BookstempGR.cfm?GM_ID=54207&SPM_ID=1&CM_ID=004000E60&PM_No=1157&PM_Class=N&HN_NO=00400

な、わけでフォトショップCSで、遊んでみました。

Dscf2163

Dscf2166 Dscf2179

Dscf2193

Dscf2194

Dscf2204

Dscf2212

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

The Language by Dead Snares

The Language by Dead Snares from Tobias Stretch on Vimeo.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Weird Fishes by Radiohead

Weird Fishes by Radiohead from Tobias Stretch on Vimeo.

すげーこの映像HDで見れる! 最高だね このビデオ グルーブが凄い!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

何かひとつ feat. JAY’ED & 若旦那

この曲元気でますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲沢 あじさい祭り

あじさい祭り行ってまいりました。平日だったんでゆっくり見れました。X100でアップ狙い。

Dscf2077

Dscf2083

Dscf2086

Dscf2111

Dscf2132

Dscf2134

ほわん、ほわんのあじさいです。X100の元画像の色が素晴らしくってこれだけいじっても破棄しない。すごいの一言。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

Guns N' Roses Live at the 2002 MTV Video Music Awards

この時のガンズ、めちゃいい演奏してます。ただバンドのメンバーがヤバ過ぎであまり映っていませんな。バケットヘッドいいギタリストですね。MTVもやっぱ、ガキ向け番組なんでここまでか。2007年に見た来日公演よりよっぽどいい。このメンバーで再来日しないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Buckethead - Soothsayer live

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松たか子さんとFM2

WOWOWで放送された「告白」、DVDでは3回見ているけれどHD画質で見ると全然違った印象でした。情報量が圧倒的に違う。邦画もレンタルでもっとブルーレィを増やしてほしい。まあそんなことはどうでもよいけれど昨日FEがレンズもそろってシャッターを切っていたらこの映画の主演女優、松たか子さんのことをいろいろ思い出した。

プライベートで使っている(もう何年も前のことだから今はわからないが)のがニコンのFM2だった。レンズは標準レンズ。インタビューをどこかの記事で読んだことがある。プロカメラマンから、「このレンズが体の一部になるまで撮ってみなさい。」といわれレンズ一本で撮り続けていたらしい。素晴らしいことであります。昔は一眼レフカメラは標準レンズ50mm一本付で売られていた。自分が動くことで広角にも、望遠的にも使えレンズが明るいので絞りによってボケの効果が得られた。今はいきなり28-300mm相当のズームが小さくなって便利になった反面、撮る人間が動かなくなった。しかも撮影する素子のサイズが小さくなったためピントの合う範囲が広くボケも楽しめなくなった。

そういえばライカで有名なUカメラマンと大撮影会の時話していたら「最近のアマチュアカメラマンはボケの効果がわからなくなっている人が多い。デジタルになってボケないカメラでズームレンズばかり使っているからな」なんてことを言っていたな。

ファインダーのないカメラが増えて小さくなったのはいいけれど携帯電話やコンデジの構え方と同じような撮り方で撮るカメラが増えてきている。この前、友人に一眼レフを貸してあげたらファインダーを覗かずいきなり液晶になにも写っていないと不思議がっていた。そんな時代である。家電メーカーのマイクロフォーサーズも一台持っているけどほとんど使っていない。なぜか面白くないのである。やはり家電であってカメラメーカーじゃない。

松さんのFM2で撮影しているところをどこかで見たことがあるけれど一生懸命片目をつぶってピントリングを回し、シャッターを切り細い指でフイルムレバーを回す造作がすごく可愛かった。モノクロ写真とエッセイを書いた本も出ているので探してみてください。けっこう「お」って思う写真があるから。

Matu1

やっぱり。決めつけちゃいけないけれど女子にはシルバーボディが似合う。今のデジタルならPENかX100を持ってほしいな。

間違ってもS社のNEXとかこいつだけはやめてください。

Fagold

新宿のマップCで売っているみたいですが、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

着きました

Img_7739

AIsニッコール50mmf1.4が今日届きました。これでしばらく遊べます。現在メインで使っている5DmarkⅡと比べると小ささがわかります。やっぱこのペンタ部の直線とシャッター速度ダイヤルの並びがほれぼれする。比べちゃうと5Dのペンタ部は妙に丸まっている印象。防水(防滴)処理をした1系だったら濡れた時に拭きやすいというのが利にかなっているけど雨に弱い5系のボディだとただのデザインのようです。このデザインを継承したデジ一が出ればニコンに行きたいな、色が不安だけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

6/12 ZERO 土屋友里菜 ストロボ勉強会

ヽ(´▽`)/な、わけで またまた初めましての土屋友里菜さん。かっこいいモデルさんです。偶然か昨夜川村茉由さんと食事したとか。今日はストロボの勉強会です。けっこうストロボのセッティングってわかっているようでわかってない。雨の多い季節は簡易スタジオでシンクロ撮影なんてことがあったりします。撮影会とかいけば、主催者がばっちり決めてくれるけれど分かって撮るのとわからずに撮れたとは大違い。ってわけで今日はじっくりとお互い持ってきた情報でやってみようと。失敗してもそこからまた勉強できればいいということで限られたメンバーでの撮影となりました。

まずは一時間ほどコミュニケーションもかねて屋外で撮影。土屋さん、いろんなポージングや表情を引出しに持っていて撮りやすいモデルさんでした。話しながらなんでアップが多い。でもこの話すというのも大事。某プロカメラマンのセミナーでは撮る時間(与えられた時間)が一時間あったら50分間話してコミュニケーション取れと言われていたし。

で撮影です。

1106_yurina_t__0052

1106_yurina_t__0083

1106_yurina_t__0124

1106_yurina_t__0175

1106_yurina_t__0204

オレンジと緑ってよく合います。

続いてシンクロ。組んでみるとなかなか難しい。試行錯誤でなんとか形になりました。まだまだ課題も多かったけれど、「やってみる」のはいいことです。

が、、、、、、、、、

シンクロの撮影は肌の諧調もテストするため水着でしたもんでネットはアレなんで。

皆様、長時間お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

6/11 TDPS 川村茉由セミナー参加

初めましての川村茉由さん。まゆさんと読むのですね。一部のみ参加いたしました。あいにくの雨。スタジオ集合だったのですが小降りになってきたので外での撮影。ストリート、好きです。茉由さんは被写体として勉強してるのか同じ立ち位置でも表情をどんどん変えてくれます。小雨の中てくてくと順調に撮影できました。歩きながらの撮影は楽しいもんです。ちょっとレタッチ変えました。速報盤です。初めましてで12枚アップ。

canonEOS5DmarkⅡ EF24-105mmf4L シグマ85mmf1.4

1106_mayu_k__0032

1106_mayu_k__0182

1106_mayu_k__0225

1106_mayu_k__0255

1106_mayu_k__0295

1106_mayu_k__0336

1106_mayu_k__0379

1106_mayu_k__0527

1106_mayu_k__0555

1106_mayu_k__0582

1106_mayu_k__0592

1106_mayu_k__0615

あ、そうそう、さっき話していたアドビのデジタルセミナーはこちらです。

http://www.info-event.jp/adobe/pscs5/regist/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

back to 1978

これ1978年に公開された「eyes」という映画。女性ファッションカメラマンが撮影したシーンと同じ構図で殺人事件が起きてしまうというサスペンス映画です。フェイダナウェイ演じるカメラマンが使っているのがニコンFM。マニュアル機でメカニカルシャッターで全速電池なしでも切れるカメラ。当時の写真学校の実用機として使われておりました。FM2、ニューFM2、FM3とリニュアルされ小型で実用的なニコン機として長く愛されてきたカメラです。

この頃のニコンのデザインは非常に美しく、機能がわかりやすいデザインだったと思います。今の曲線を多様化したデザインでなく直線で構成されたデザインが機械としての美しさ機能美を持っていると思います。後にジュージアーロがデザインしたF3と当時オリジナル路線を突っ走っていたオリンパスのOM1、OM2。海外ではライカのM4Pが素晴らしいデザインと持つ喜びがあったように思えます。この頃のキヤノンは好きじゃなかったな。今のデジ一に共通するもの足りなさがあったように感じます。

で、なんでこんなこと今更書いたかというと買ってしまった。これ。オークションで一発。レンズ買ってませんまだ。こいつに似合うのはAIニッコール50mmf1.4でしょう。買ったからといってフィルムに戻る気はまったくなし。弾の出ないモデルガンみたいなもんです。でもこのペンタのデザインを見たら欲しくなってしまった。で、ポチっと。生涯のマイファースト一眼レフFMの兄弟機です。当時持っていたのはシルバーボディ、でも今ならブラックがいい。MD12は嫌いだけれど、ついてきたので拒みません。

明日着きますこれ。オークション画像より。

12


この前デジから始めたカメラマンにデザインの話をしたらわからんと言われました。そうだろな。この時代の機能美が今のカメラには、ないもん。技術の限られた時代に一ボタン一機能で使いやすく作ろうとしたエンジニアの意気込みがないもんね。便利だけどね最近のカメラは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

ユリちゃん(笑)

いつもお邪魔するtamaさんのスタジオからちょっと離れたところにある千種公園に行ってまいりました。なんでもユリが一万本とか。もちろん普通の公園なんで入場料とか無。ただ駐車場が見当たらなかったので有料駐車場に入れて行ってみました。

canonEOS5DmarkⅡ EF24-105mmf4L トキナー16-28mmf2.8

EF24-105mmでもけっこうマクロ行けます。7Dの方が良かったかも。

2011_06_09_0002


2011_06_09_0016


2011_06_09_0018


2011_06_09_0054


2011_06_09_0093


2011_06_09_0097


2011_06_09_0108


2011_06_09_0111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

AC/DC- Let There Be Rock, 1978

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

ZERO 森美紅さん

久々にフォトサークルZEROに参加してきました。前日は夜遅くまでAC/DCのライブのブルーレィを鑑賞していたら深酒してしまった。あのライブ、音楽を楽しむなんてもんじゃない、一種の宗教です。なんかの音楽雑誌で読んだ言葉。その通り。50代のおっさんが、縦のりで電気の点く赤い角突きカチューシャを付けながら、絶叫しないよな。フルHDの高画質でみると何万人のオーディエンスの一人一人の表情が見えるからその凄さがリアルだ。AC/DCのDVDはボックス以外で3枚持っているけれど、今回のが一番凄いな、年食って進化してるなんてストーンズとこのバンドだけじゃなかろか。

で、深酒のうえ、朝早く起きてしまったんで体調悪し。撮影の日はいつも目覚ましより一時間早く起きてしまいます。そんなこんなで髪が少し伸びてまた美しくなった森美紅さん。4月の大撮以来二か月ぶりで速報3枚。

1106_miku_m_1_0094

1106_miku_m_1_0133_5

1106_miku_m_1_0512_6



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

AC/DCのブルーレィ届いたよ

P1010081


結局昨日のブルーレィはもう発売中で、夜11時55分にぽちっとしたら今届いた。その時間18時間なり。当日郵パックなるもので朝の10時に発送したメールが届きもう着いた。おかげでずっと家にいることになってしまったんだけれど。

その間昨日借りてきた「トロン」を見た、ブルーレィで、一作目の方。公開当時、レンタルビデオでバイトしていた頃海賊盤のテープがあった。画質は何度もダビングされて見れたもんじゃなかったが、それでもお客はレンタルで借りていったもんだ。あの頃レンタル料金はたしか1000円位していた。家で字幕版の映画が見れるというのが凄く贅沢な時代。パソコンも大型テレビもなく(一部の家には28インチのブラウン管テレビがあったな)学生の自分のテレビは14インチ。たしかその頃の価格は39800円。今じゃ32インチの液晶テレビが買えてしまう。

ビデオデッキがまだ家にそれほどある時代じゃなかった頃無理をして購入した。価格は248000円なり、、、。それも4か月ローンで。バイト代を全部つぎ込んだ。仕送りなんて80000円あれば贅沢に生活できた時代。見たかったのがレッドツェッペリンのライブ映画。これも渋谷の海賊盤ショップで20000円も出して購入したもんだ。

それが話題になってしまって 他大学の知らない奴までアパートに、このビデオを見に来た記憶がある。ビデオなんて学生が持てる時代になるまで、まだ時間が かかっていた。動くジミーペイジが見れるというだけで8畳のアパートに10人、上映時間は2時間30分。酸欠になりそうになった。

そのビデオも正規盤が発売され、レーザーディスクが出て、DVDになって、ボーナス映像のDVDが出て、ブルーレィと来たもんだ。全部買っている自分が凄いな。

で、二作目の「トロンレガシー」のブルーレィ。レンタルで借りたんだけれど3Dバージョンである。正月にIMAXで見ようと思って見れなかった作品。家でHDで3D、しかも46インチ。自宅に携帯電話もパソコンもビデオもなかった時代に作られた一作目から、なんでもありのこの時代に作られた2作目。感慨深いな。

バイトしていたビデオレンタル店の系列の社長が年商ん十億のアミューズメント会社の社長になっていたのをネットで知った。元はあのレンタルビデオ店だったんだもんな。時代は変わるな。

そういえば今度発売されるシグマのSD1はデジタル写真を進化させてくれるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

AC/DC Live At River Plate: Rock`N`Roll Train

こ、これ、いつ発売だっけ 見てー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

Guns N' Roses - It's So Easy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rolling Stones - Happy (From "Ladies & Gentlemen")

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »