« 本日、綾瀬里緒さん撮影なり | トップページ | モノクローム »

2011年8月 7日 (日)

LEICA M9-P +ツァイスC ゾナー T*1.5/50mm

購入前、迷いに迷っていたのが50mm。純正のSUMMILUX-M 50mm f/1.4 ASPHは、価格も高いのが難点でしたが問い合わせてもいつ入荷するか、わからない。半年待ちが普通ですよか言われてしまった。Voigtländer 50mm f/1.1 も面白いと思ったけれど、大きすぎて ファインダーの視野にかぶってしまう。他のレンズは選択になかった。いろいろ調べていたらこのレンズを見つけました。標準レンズなのにゾナータイプ?プラナータイプじゃない?なぜ?ネットはいろいろ教えてくれる。クラシックの設計で最新のコーティングで作られているレンズも他に2本。これできまり。SUMMILUX-M 50mm f/1.4 ASPHの予算で三本そろう。決まりだ。ただ、震災の影響か、品切れでツァイスもなかなか見つからない。何軒か問い合わせてやっと見つけた。手にして驚いたのは大きさと作りの良さ、そして重さ。さーうだうだ言ってないで実写です。

L1000210


                                                        f1.7 1/250

L1000248


                                                   f2.8 1/180

L1000289

                                                  f2.8 1/125

レンジファインダーは、ピント合わせが難しいと聞いていたけれど 中学の時使っていたオリンパスの35DCとあまり変わらず普通に撮れますね。一眼レフのように威嚇しないで、話をしながら「ぱしゅこーん」って優しいシャッター音もいいです。モデルの表情も5DmarkⅡで撮るよりリラックスしているように思える。テレビ番組で、ライカのプロダクトマネージャー、ステファンダニエル氏が「カメラマンの顔が隠れないでコミュニケーションをとりながら撮影できるのがM型ライカの最大の特徴」だと言っていたのを思い出した。

http://www.kenrockwell.com/leica/lens-reviews.htm#50

|

« 本日、綾瀬里緒さん撮影なり | トップページ | モノクローム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20440/41116417

この記事へのトラックバック一覧です: LEICA M9-P +ツァイスC ゾナー T*1.5/50mm:

« 本日、綾瀬里緒さん撮影なり | トップページ | モノクローム »