« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

モノクローム

L1006961


チャンネルミキサーでモノクロ処理、赤フィルター使ってみたら少しイメージに近づいてきました。やっぱり50mmが好きだなぁ。村山チカさん、tamaさんのセミナーにて。

leicaM9P ズミルックス50mmf1.4ASPH

Kモトユキさんもこのレンズとエルマーで50mmは、決まりだとツィッターでおっしゃっていました。

エルマー使いの方がここにも。黒いM7か渋いですね。

http://hochi.yomiuri.co.jp/photogallery/garticle.htm?ge=96&gr=462&id=139907

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

ドラえもん 最終回 タイムパラドックス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家入レオ / サブリナ

カーラジオで聴いたらいい曲だったので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

本日 山崎愛香さん

スタジオパレットにてzeroの撮影に参加してきました。山崎愛香さんです。いつもと違う感じで撮りたく、ライトをいろいろ変えて。一人でバウンスストロボも使用。真後ろにバウンスさせると自分の耳が熱くなりますな。速報盤です。

canonEOS5Dmk2 EF85mmf1.8 580EX

1201_manaka_y__0177


1201_manaka_y__0502


話は変わりますが撮影終了後、車でラジオを聞いていたらFM愛知で「森美紅さん」が出ていてびっくり。思わず車を止めiphoneのUstreamで、放送スタジオを視聴しまいました。最近はラジオの放送スタジオがネット経由でテレビを見るように放送されている番組が増えているんですね。皆さんがんばってらっしゃいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

いろいろと

発売されますが画素数は増えてもセンサーサイズの大きさが小さいモノばかりです。なんだかコンデジはそのまま大きくなって高くなったような、、、。僕はやっぱりレンズの良さもきっちり解るライカ版(24*36mm)のフルサイズが好きですね。5Dmk3が2200万画素フルサイズ秒間7.5コマの噂が出ていたけれど、それならかなりいいカメラになってるな。やっと画素数でなくダイナミックレンジだとC社もN社もわかってきたみたいです。A3サイズなら800万画素で充分。C社は、後はレンズをもうちょいなんとかしてほしい。中判デジタルがもう少し安くなれば飛びついちゃいますけど。

1024208_m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/14 zero 森美紅さん

スタジオパレットでの撮影です

5Dmk2+EF85mmf1.8+EF50mmf1.2L

1201_miku_m__0117


1201_miku_m__0139

leicaM9P ズミルックス50mmf1.4ASPH

L1006670


L1006699


L1006752


L1006782




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

8000万画素

凄いなこれ。世界が違う。

http://shooting-mag.jp/report/camera/00103.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ズミルックス 50mmf1.4 ASPH

ニコン、フジ、ツァイス、キヤノン、シグマといろいろ50mmのレンズは使ってみたけれど最後に、たどり着くのはやっぱりこれでした。まだまだ使用して一か月も経ちませんがライカ全般に出るという逆光フレアを除けば人生で出会った最高の50mmです。このレンズの噂は使えば使うほど納得してしまいます。

LEICA M9P

L1007239


L1007246


L1007322


L1007323


L1007341


中古のレンズをばらしてレンズの曇りやゴミを自分で取っている方もいますが、ソフトコーティングも一緒にとってしまいレンズそのものをダメにしてしまう方がいらっしゃるようです。レンズを長持ちさせるグリースの交換やM5の保存時の対処方法を紹介しているページがあります。元シュミットの技術部長をされた方でDIPROMも所得されている方の会社です。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~M-yasuda/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

ズミクロン 35mmf2 ASPH 試写

ズミクロン35mmf2 ASPHを試写してきました。このレンズは1997年に発売されたもので設計はさほど新しくは、ないです。ただしこのレンズ以降の広角、標準レンズはズマリットを除きほぼ非球面レンズ化され刷新されています。leica社のカメラプロダクトマネージャーのSダニエル氏が好きなレンズと答えたのもズルミックス50mmf1.4ASPHと、このレンズです。M7からM9まで作った方なんで性能の良いことを信じたいものです。

leicaM9P

L1007248


L1007260


L1007301


L1007304


L1007307


L1007315


35mmと言えばうんちくが出てくるレンズ。面白い評価を見つけたので張っておきます。

http://www.ne.jp/asahi/geo/foto/dangi1.html

8枚玉の話も

http://www.ne.jp/asahi/geo/foto/dangi39.html

海外からこんな速写ケースが出ていたんですね

http://www.fastandprime.com/pages/about-the-uhl-case

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

ライカジャパンから

ズルミックス50mmの保証書が届きました。5年保障とは、さすがですね。保障期間が過ぎて50年とか経っても修理可能なのがライカの凄い所です。ちなみにウチのノートパソコンは3年前のものですが、もうバッテリーが入手不可です。製品に関しての考え方が違いますね。

Dscf0068

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5Dmk3 or 7Dmk2

これボディの操作系ボタンの配置は、7Dに似ているけれどバッテリーグリップに縦位置用ジョイスティックが装備されています。レンズも発売前のレンズですね。5Dmk3か7Dmk2ですね。3月発表までわかりません。

New


よく見るとタオルがGRデジタル (´ρ`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

MY LEICA M9P

Img_2990


MY LEICA M9Pのシステムです

leica M9P シルバー

( 世界で唯一のフルサイズセンサーを使ったレンジファインダーカメラ)

ズミルックス 50mmf1.4 ASPH 第4世代 シルバー

ズミクロン 35mmf2 ASPH 第5世代 シルバー

C ゾナー T* 50mm f1.5 ZM シルバー

C ビオゴン T* 35mmf2.8 ZM シルバー

ビオゴンT* 28mm f2.8 ブラック

セコニックデュアルマスターL-558

ビリンガム ハドレープロ

LUXCASE CSE-M9LE black/redstich

ズミルックスとズミクロンにはライカ純正フィルターのUVaフィルターを付けています。高価ですがフィルターもレンズの一部と考えて使用しています。ツァイスにはマルミのフィルターですけど。

ビリンガムは持っているとライカ使いのカメラマンから話しかけられます。一眼レフ用にもっと大きなサイズも使用中です。内田Yさんもバッグが、きっかけで話込んでしまいました。小林Mさんも最近色違いを購入されたようです。

メディアはサンディスクのエクストリームpro45mb/sec16GとUltra20mb/sec16Gを使用。現像ソフトはフォトショップCS5EXです。

シャッターボタンには銀一製のボタンを装着中です。

最新設計のライカのレンズとツァイスのCレンズはクラシック使用のレンズを復刻したレンズで撮り分け撮影を楽しんでおります。

ライカに関してはこちらの解説がわかりやすいですね。

http://leica.xxxxxxxx.jp/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

'My First Hardcore Song' by 8yr old Juliet

可愛いメタル、ハードコア。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

さっそく

ズミクロン35mmf2ASPHをテストする機会に恵まれました。tamaさんのセミナーに一部予約してあったのです。昨日の夜まで忘れておりました。天気もなんとか曇りですが雨に降られることなく撮影。モデルは初めましての村山チカさんです。

f2開放

L1006913


同じ位置からズルミックス f1.4/50mm ASPHでf2.4

L1006920


ズミクロンの35mmは旧型では歪曲収差が出ていたそうですが、日カメのレンズテストで最大-0.08%平均0.02%の数値通り(新型ズミルックス35mmf1.4ASPHは最大-0.26%平均0.14%)歪みがほとんど感じられないです。canonのEF35mmf1.4Lも素晴らしいレンズですが、こちらの方が自然な描写に感じられます。

とは言えまだまだ第一印象なので使いこんでみないとわからないです。

アサカメのHPに面白い記事が載っていたので、紹介いたします。

http://www.asahicamera.net/info/blog/detail.php?idx=72

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

二本目はズミクロン

ライカの二本目のレンズはズミクロン35mmf2ASPHです。ハービーさんのエッセイ本を見てやられてしまいました。ズミルックスにしなかったのは控えめな大きさが良かったこと。ズミルックスの35mmは第二世代から非球面化してますがズミクロンの35mmは、この第5世代から非球面化されています。8枚玉がいいとか、いいますが中古は調整しなければいけないことがあるとずいぶんお金がかかるらしいし、自分には良くわかりません。これで1年間に8本、いや30分で売ってしまったNEXを入れると9本購入したことになります。M9P用のツァイスの2本が焦点距離でダブりますがクラシック設計のレンズでライカとは描写が異なる為とりあえず使用して行こうと思っています。今日は天気も悪いし歯医者行かなきゃいけないので明日、試写をしてみたいと思います。明日も曇りみたいだけれど。

久々にエムキューピーと記念撮影です。 o(*^▽^*)o

Img_2986


「僕はビートルズ」という漫画の中で主人公が、当時(1961年)日本で一番大きな楽器店でも手に入らず変わり者の輸入雑貨店の二階の倉庫で見つけたグレッチのギターとヘフナーのベースを手にして「神が俺たちに演奏しろと言ってるんだ」とつぶやくシーンがあります。僕もこのレンズが二本ともシルバーで手に入るとは思ってもみませんでした。漫画の主人公と同じ気持ちです。撮れるかどうかは別として。

でも、風景とか撮っていると、ぷるぷると両手で手振れしながらミラーレスで撮っているおじさんから、こう言われます。

「ずいぶん古いカメラで撮ってるんだね。ライカでしょ、フィルムでしょ、戦争中に流行ったカメラまだ動くんだ」

そんなもんである。デジタルですけど、説明すると長くなるし電気屋に置いてないし。(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

シルバー

レンズ探してるんですけど

ないですよね シルバーなんて

え、あるんですか え?一本だけ

はい フィルターも純正でシルバーもあるんですか

はい 明日着いちゃうんですか 今からだと はい じゃあお願いします

35mm


写真集とエッセイ本 買わなきゃ良かったかな 金銭感覚おかしくなってる 明日着きます

ブラックならすぐに見つかるのですが50mmと一緒でシルバーは、ない、はずだったのに

http://rangefinder.yodobashi.com/lens/leica/summicron35.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

写真集

L1006888


23歳の頃ニコン一台持ってロンドンに渡り1973年から10年間撮り続けたという「写真集」手に入れました。2003年に出た復刻盤ですが初回限定でオリジナルプリントが一枚とナンバーが入っています。全編モノクロームの写真です。驚いたことに、その頃から彼の写真はもう「出来ている」のでした。相変わらず今日発売されたカメラ雑誌は画素数だとか、秒何コマだとかいう記事ばかり。そういう話題は大好きだけれど、こういう写真集をじっくり見ているとそんなこと、どうでも良くなってきます。

こんなブログですがアクセス解析見てると海外からアクセスしている方が最近多い。アメリカ、中国、ドイツ。偉そうなこと書けませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

World's Best 50mm lens? Leica Noctilux f/0.95 Review

ヨドバシ価格で大特価の1057K。富裕層の方が買われるそうです。ポイントが105K付きます。ミラーレスが2台ポイントで買えますね。大人気で品切れ中だそうで。関係ないですが。

中学生の頃キヤノンの7というレンジファインダーカメラを借りたことがあります。やけにレンズのでかいカメラだとしか思いませんでしたが、キヤノンもf0.95を作っていたのです。理論上ですがf0.5のレンズが作れるそうです、あくまで理論上。軽く10000Kは、行ってしまいそうですね。作れたら大昔のニコンの魚眼みたいな、きのこのようなレンズになりそうですな。

http://rangefinder.yodobashi.com/lens/leica/noctilux50.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

新型プリンター

PIXUS PRO-1。PIXUS Pro 9500 Mark IIの上位機種。12色かー。お値段も12万8,000円と倍近いです。黒系インク5色で顔料だとモノクロームの諧調がしっかり出そうですね。インクもひとつ3倍近いお値段の2590円。よほどのヘビーユーザーじゃなければ買わないだろうな。9000mk2が5万円ほどで買える世の中だし。

Pro1


しかしこの手のプリンターは、買い替えの時の処分で困ります。マンションの自室から粗大ごみに出すにしても、キャリアーか台車無では運べません。外箱も邪魔でしょうがなかった。長く使えるものがいいですね。

http://cweb.canon.jp/pixus/lineup/a3pro/pro1/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Indyanimation

なんか面白い!アメリカで話題になってるそうです。むかーしGIジョーで遊んだのを思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

My Valentine Paul McCartney

ポールの新作「Kisses On The Bottom」からの一曲目。

モーニングというコミック雑誌で連載中の「僕はビートルズ」が面白い。ビートルズのコピーバンドが50年前にタイムスリップ。ビートルズの曲でデビューしてしまう。それを聞いた本家のビートルズが一時解散状態に。イギリスでもヒットした彼らは、新曲を書き復活したビートルズと出会うが、、、。というお話。登場人物も本名で出てくるし、話が奇想天外だけれど、どんどん引き込まれる内容。当時、ビートルズの曲を初めて聞いた当時の日本人の驚きと中学の時自分が出会った時の感激が重ね合わせてしまう。藤野千暁ちゃんがCMの関係でもう撮影できないと知って、最後の撮影でプレゼントしたCDが「アビーロード」でした。そうやって世代を超えて伝えられていくし、伝えたいと思うのが彼らの曲の魅力なのだ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%83%95%E3%81%AF%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%BA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

THE ROLLING STONES - SWEET BLACK ANGEL

"Exile On Main Street"の中で一番好きなのがなぜかこの曲。なぜだかわからんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/8 TDPS 水野智世さん

SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPHで初のセミナー参加です。抑えでzeissのBiogon T* 2.8/28mmも。ズームレンズに頼らず標準域での撮影です。明るいレンズはやっぱり撮っていて気持ちがいい。少しトリミングしています。

leicaM9P

L1005989


L1006035


L1006049


L1006087


L1006164


L1006194


L1006254


L1006378


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

ほ、本日も

撮影!です。フォトサークルzeroの森美紅さんでした。スタジオパレットにて。昨日から14時間半しか経っていませんがファイトです。始まればテンション高いです。イレギュラーなライティングを皆でいろいろ組みながら撮影しました。天気が良いので自然光でバックを黒で落として撮影。

leica M9P SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH

L1006786


そのカメラ、可愛いですね。と言われて記念撮影。でもライカよりオリンパスのペンが欲しいそうです。

1201_miku_m__0213


ライカは女子にも似合うんですけれどね。

http://ameblo.jp/misanna/entry-10630426711.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ

各社今年発売される新型機種が発表されました。そろそろM10の噂も出てきてもよさそう。価格コムでライカのカテゴリーからM8とM8.2が消えました。

http://kakaku.com/camera/digital-slr-camera/ma_308/

一方フジフィルムはx-pro1は、他のミラーレスとは違い(他社のミラーレスは低品質扱い)あくまでもM9との競合を目指しているようです。

P1020579_2


X_m9_4


説明会でM9と比べちゃう所が、凄い意気込みを感じてしまいます。ただこの画像を見た時点でM10に富士フィルムのファインダーが搭載されることがなくなったことが決定されたことになりますね。

そんなこととは、関係なくロスで写真を楽しんでいるこの方のサイトが私は大好きです。

http://rangefinder.yodobashi.com/liveleica/20120101.html

さすがヨドバシ、安売り家電店じゃなく老舗の写真量販店です。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

Ritz! アユムさん

本日夜間スタジオ撮影でした。速報で一枚。マンションスタジオにてアユムさんです。

leica M9P SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH

L1006641

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5 Reasons Why You Need a 50mm lens

やっぱり35mmフルサイズに50mmが一番自分に合います。今日は夜50mm3本持ってスタジオ撮影。ライカ、ツァイス、EFレンズです。病気ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

Summilux-M 35mm F1.4 ASPH.

Summilux35_2


次はコイツかと思ったら価格が493Kの上にフードが、、、。35mmはズミクロンかな。ズミクロンでも35mmは 非球面レンズが使われてるし。シルバーもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モノクロ調に

やってみたけど難しい、ノイズまで加えたんだけれど

別のプラグインソフト加えなきゃ無理っかなぁ

ただの色抜き写真になってしまいますな

http://www.swtoo.com/photo/nik/silver-efex-pro/feature/

L1006463
好みはY2フィルターでトライXをISO800で撮影D76で増感現像 3号印画紙でプリントした感じなんですが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米コダック、フィルム部門が消滅 組織改革を発表

米映像機器大手イーストマン・コダックは10日、現在3つある事業部門を2つに集約したと発表した。傘下の事業は「法人向け」と「消費者向け」の2つの部門に分割。100年以上にわたり、同社の主軸を担ってきた「フィルム部門」は消滅した。

同社は、デジタルカメラ時代への対応が遅れ、約4年間にわたり最終損益が赤字状態。経営改革の出遅れが市場では嫌気され、昨年末に株価が1ドルを下回った。組織改革の計画が報じられた10日、株価は終値ベースで前日比50%上昇し0.60ドルで引けた。同組織改革は、1月1日付で実行済みという。

という日経の記事が出た後にロイターからは

改編によりコダックの事業部門は、フィリップ・ファラシ共同社長が率いる法人向け部門と、ローラ・クアテラ共同社長率いる消費者向け部門の2つとなり、旧フィルム・写真現像・エンターテインメント部門は分割された上で両部門に吸収される。

いきなり終了というのでは、なく徐々になくなっていくようだ。

個人的には昨年の引っ越し時にフィルムスキャナーを友人にさしあげた。モノクロフィルムをスキャナーにかけても焼いた写真の諧調を出すのが無理だと判断したからだ。友人のHさんも年末、中判、ロモ、35mmを全部売却。冷蔵庫の保管していたフィルムを全部を他の友人に さしあげていた。

フィルムの需要の大半は写真用でなく映画などに使われるシネフィルムだ。その映画用も4Kカメラが大幅に安く今年から出荷され需要もほとんど期待されない。今回の結果も昨年から見えていたものだ。

写真にとっていえば、フィルムの楽しさは暗室作業だった。引き伸ばして現像液の中で浮き上がってくる印画紙に写る画像は魔法のようにみえた。暗室作業もできない環境になって一眼レフもライカもフルサイズデジタルになった今、フィルムはまったく必要なくなった。モノクロームをきちっと諧調よくプリントしてくれる写真店すらなくなっている。

暗室作業が大好きで写真部の予算1年分を2か月で使い切った自分ですらフィルムが必要としなくなったのだから。そういう時代なんだなと思う。

(H山口さんのモノクロ写真は本で見ても素晴らしかった。フォコマートで引き伸ばしたプリントを慎重にスキャンして印刷されているのではないかと思う。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

12/25  zero 土屋友里菜さん

年末最後の撮影でした。リニュアルしたスタジオパレットさんです。照明もトップライトが移動できるようになったし、広くなって撮りやすくなっておりました。土屋さんクリスマスなのに仕事でたいへんですねー、なんて言っていたらこの後 事務所で仮装パーティーがあるということでテンション高め。夕方までがんばっていただきました。

canon5Dmk2 EF50mmf1.2L EF24-105mmf4L シグマ85mmf1.4

1112_yurina_t__0082

1112_yurina_t__0142

1112_yurina_t__0161


1112_yurina_t__0217


1112_yurina_t__0219


1112_yurina_t__0277




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

来た来た

フジのX-pro1発表。X100購入時、某大撮影会でライカ使いのU先生と話し込んだ事を思い出す。「フィルムライクな写真が撮れるし、ダイナミックレンジも変換できるんだよ。フィルムを交換するように、画像を選べるしね。」その時U先生の首からかかっていたのが、いつものライカじゃなくてX100だった。その後U先生が撮り下ろした写真とエッセイが、書かれた本が発売され僕も購入して読んだ。X100は、まさにライカと同じ扱いでjpegオンリーで撮られていた写真が素晴らしかった。レンジファインダータイプの楽しさを知ったのは、それからだった。

そしてあれから一年を待たずにX-pro1の発表。いたずらに画素数ばかりを増やす家電メーカーのミラーレスとは違い、デジタルをフィルムの技術で高画質化したものだ。半年で半額になってしまうミラーレス市場に本命登場といった印象を受ける。カメラは「写真機」であるから便利であっても質感が持った時に喜びを感じるものだ。今年のデジタルカメラは面白くなってきた。プロ機も画素数を増やすのではなく、ダイナミックレンジを確保した上での画質優先の機種が登場している。ある意味Mマウントアダプターを発売しローパスレスで発売するX-pro1はライカキラーなのだな。

Op11100686


Xpro1


M9Pとほぼ同じ大きさ。

P1020579


海外サイトでは画質もチェックできる。

http://www.fujifilm.com/products/digital_cameras/x/fujifilm_x_pro1/sample_images/

シルバークロームが出たら最高なんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Van Halen - Tattoo

祝 復活 van halenさん 2/7 アルバム「A Different Kind Of Truth」発売だそうで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPHで遊ぶ

最近アクセス解析をみると訪問者数が多くなっています。撮影したモデルの名前からも訪問される方も多いがやはり「M9P」「SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH」で検索してこのブログを見ている方が非常に多くなっています。へたれな写真ばかりで申し訳ないと思いつつleicaを楽しんで今後も使っていきたいと思います。M9Pに限っていえばM9がブラックが人気だったのに対してシルバーがM9Pになってから人気があるようです。某有名カメラマンの方もM9ブラックからM9Pのシルバーに改造サービスを使ってアップグレードされたそうです。M8からはアップグレードはできない。ただしM8とM9、M9Pの画像特性はほとんど一緒。M9になってからダイナミックレンジが一段増えたのと高感度での撮影ノイズが減ったことであります。(LFI参照)ただしフルサイズとAPSHの差で撮った時の写真の印象が変わってしまうことが最大の差だと思います。今年はM10が出るとの噂もありますが個人的にはX100のような凝ったファインダーが、今のファインダーの見えのまま搭載されることを願っています。

今回年末仕入れたSUMMILUX-M f1.4/50mm ASPHで遊んだ?画像を2枚アップ。前述したカットと見比べると違いがわかります。

L1005920

SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPHの絞りは円形絞りでないため絞りによってはこんなボケに。

L1006010


昨日tamaさんのセミナーで撮った「虹色フレア」写真。ニクジルの昨年の3月号でKカメラマンが撮った作例を見てやってみたかった写真です。ちょっと色かぶりし過ぎで50点ってとこか。目線がしっかり来ているカットもあったけどこちらの方が好きです。ファインダーで確認できないからモニターを見ながら何度もトライしてみるしかないですね。

このレンズをM9Pに付けて撮影していると高校の時写真部で50mm1本でなんでも撮れてた自分に戻れるような気がして。なんでも新鮮に撮れるような気がするから不思議です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

One Of These Days (Live) - Michelle Branch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

また出ました

重そうだな デザインはD3よりいいと思います 20万位なら買います 標準レンズ込みで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X-PRO1

Fujixpro1

来たねー X100がたまに5Dmk2をしのぐ写真が撮れる時があるんだよね。Mフォーサーズ全部売っぱらっておいて良かった。画素数増やし過ぎちゃったNEX7と較べてもいいね。ただしシルバークロームボディ出てから購入したい。やっぱりレンジファインダーに戻ってる?時代が。10日に発表だそうです。

http://digicame-info.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

Carepnters - Hits Medley 1976

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH. 試写 2

二度目の試写です。今度は室内で開放付近を試してみました。あっけないほどシャープに描写されます。ゆがみ感じられません。5Dmk2とEF50mmf1.2Lだと直線が入った画像を正面から撮ると樽型の収差が液晶モニターでもわかるほどです。レンガの壁など真正面から撮ってみればわかります。DPPやPS等で補正すればかなり自然な感じになりますが、、。

ハロ(レンズの残存収差により、焦点の周りに、薄い光のボケが重なっている状態。)も感じられず、画質を上げる為に絞り込む必要がまったくないと感じました。LFIの作例を見ると開放付近の絞りが多かったのを思い出しました。深度を深くする以外絞り込む必要はないレンズなんですね。ソフトでシャープネスを上げる必要は、まったく感じられません。最近のミラーレス等はソフトで補正して(カメラ本体に内蔵)いるのに対してレンズそのもので画質を追及している点には、「さすが」というしかないです。問題なのは、やはり価格ですね。

leica M9P

L1005762

L1005780

L1005788

L1005803

L1005812

L1005832

L1005884

そういえばこんな所見つけました。来年発売される1DXを皮切りにキヤノンには、もっとレンズで頑張ってほしいです。特に広角を含めたLズームレンズ(24-70mmf2.8L)に。ライバルからこれだけ言われてるんですから。

http://npsjapan.nikon-image.com/magazine/ultimate/04/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

ELT star full

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本と年賀状

夕方から立ち読みならぬ、座り読みの出来る本屋さんへ。今日は週刊誌の発売初日ともあってすごい混みよう。前から気になっていたフォトエッセィ本を買ってきた。ネットでも読めるけれどモノクロ写真は、きちっと印刷された本で読みたい。この本にも出てくるロックミュージシャンと共同生活をしながら写真生活を送っていたエッセィが興味深いです。「50年経っても新鮮な気持ちで使えるライカM3と半年で陳腐化してしまうデジカメ」という言葉に耳が痛いばかりです。プロカメラマンの魚住先生からも年賀状をいただきました。オリジナルプリントでサイン入り、30枚限定の中の一枚をいただけるとはラッキーです。これで2枚目になります。魚住さんもロックに深くかかわっています。ロックと写真、どこかで繋がってるのかなと思う寒い夜です。

Dscf0046

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

flumpool 「証」

震災と直面した方のことを思い聴いていたら泣けてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH. 試写

少し試写してきました。とにかくあきれる程シャープに撮れます。ツァイスのCゾナーが、高コントラスト重視なのに対して、こちらは超優等生な印象です。開放付近からピントがシャープに来ます。歪みや収差もほとんど感じられません。でも割とゴーストが発生します。この辺はやはりツァイスの方がコーティングが良いのかな。まだ少ししか試写してないし、冬の光は抜けがいいのでもっと撮ってみないとなんとも言えません。国産のレンズのようにシャープネスをパソコンで、かける必要がないようです。評論家じゃないのでなんともいえませんが、とにかく素性のいいレンズなのは確かです。予約して半年以上待っても手に入らないレンズですし、価格的に「覚悟」が必要なレンズです。僕の作例よりヨドバシの作例を見た方が良さがわかりますね。

http://rangefinder.yodobashi.com/lens/leica_normal.html

leica M9P

L1005562

L1005567

L1005570

L1005573

L1005579

L1005597

L1005612

L1005650

L1005668

L1005696

L1005729

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Guns N' Roses - Live from The Joint in Las Vegas 12-30-2011

ガンズの年末最新ライブ!スゲー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

元旦からキングクリムゾン

King Crimson - Larks' Tongues in Aspic, Part II

iphoneに、年末キングクリムゾンのアルバム全部入れました。今年初めて聞いたのがこの曲です。リーダーのロバートフィリップはギタークラフトの創設者です。

ギタークラフトとは、「ギターとその演奏を通じた心身の修練」をテーマとした、主に合宿形式のコースです。在籍経験者にはキング・クリムゾンのメンバーの他、カリフォルニア・ギター・トリオビル・リーフリン(ミニストリー)、フェルナンド・カブサッキ等がいます。ギターの演奏のみならず、食事や清掃などに至るまで、幅広い意味での修練を目的とするコースを各国で行っていました。1992年と94年には日本でも開催されました。(ウィキペディアより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣

昼からなら混んでないでしょ と 情報を聞き熱田神宮へ。お札も返さなきゃいけないし。とx100持ってぶらぶらと初詣に行ってきた。

人が少ない地下鉄っていい感じ。こんな所でポートレート撮りたいね。昔、横浜の地下鉄で撮ったっけ。

Dscf0038

神宮西に着くと、人が多い、混んでます。

Dscf0040

やっと本殿に到着、今度は帰るのが大変。

Dscf0042

おみくじ引いたら「大吉」ゲット♪♪ 縁起がいいねー。

今度はこいつが欲しいなぁ。ズマレックス 85mm f1.5。改造するとEFマウントに付けられるらしい。シャープだけどハイライトが飛んでしまう最近のレンズにない描写をするらしい。

85s15

5Dmk2に付けて撮影してみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

キンガシンネン キンガホシイネン オヤジギャグノオヤジガガデス

正月らしく熱田神宮です 神を感じながら撮りました 木が多くて暗いです

leicaM9P c sonnar 50mmf1.5

L1005455

L1005457

L1005461

L1005467

L1005471

L1005472

L1005479

L1005495

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »