« ELT star full | トップページ | Carepnters - Hits Medley 1976 »

2012年1月 5日 (木)

SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH. 試写 2

二度目の試写です。今度は室内で開放付近を試してみました。あっけないほどシャープに描写されます。ゆがみ感じられません。5Dmk2とEF50mmf1.2Lだと直線が入った画像を正面から撮ると樽型の収差が液晶モニターでもわかるほどです。レンガの壁など真正面から撮ってみればわかります。DPPやPS等で補正すればかなり自然な感じになりますが、、。

ハロ(レンズの残存収差により、焦点の周りに、薄い光のボケが重なっている状態。)も感じられず、画質を上げる為に絞り込む必要がまったくないと感じました。LFIの作例を見ると開放付近の絞りが多かったのを思い出しました。深度を深くする以外絞り込む必要はないレンズなんですね。ソフトでシャープネスを上げる必要は、まったく感じられません。最近のミラーレス等はソフトで補正して(カメラ本体に内蔵)いるのに対してレンズそのもので画質を追及している点には、「さすが」というしかないです。問題なのは、やはり価格ですね。

leica M9P

L1005762

L1005780

L1005788

L1005803

L1005812

L1005832

L1005884

そういえばこんな所見つけました。来年発売される1DXを皮切りにキヤノンには、もっとレンズで頑張ってほしいです。特に広角を含めたLズームレンズ(24-70mmf2.8L)に。ライバルからこれだけ言われてるんですから。

http://npsjapan.nikon-image.com/magazine/ultimate/04/index.htm

|

« ELT star full | トップページ | Carepnters - Hits Medley 1976 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20440/43635196

この記事へのトラックバック一覧です: SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH. 試写 2:

« ELT star full | トップページ | Carepnters - Hits Medley 1976 »