« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月30日 (水)

The Beatles

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/6 土屋友里菜さん 1

大撮影会に参加すると皆一斉に「目線ください」と声をかけていらっしゃいます。目線が来ると確かに強い写真になります。が、あえて目線をはずすというのも有りかと。一対一で撮る場合、ほとんど目線が来た写真ばかりになってしまいがちです。で、贅沢にも目線をはずして、とお願いして撮ってみました。

1205_yurina_t__0009

1205_yurina_t__0070

1205_yurina_t__0128

最後に目線あり写真。

1205_yurina_t__0165

こうやって目線をはずした写真と目線ありの写真を並べた方がよいと思うのですが。好みの問題ですけど。

それとせっかく気候のいい季節なんで「旅行誌」の表紙みたいな写真も撮らない?って頼んでの撮影もしてみました。ちゃんと雑誌のタイトルや紙面のワンポイントも入れられるようにして、ポージングもそれっぽい感じで、と。

1205_yurina_t__0217

1205_yurina_t__0305

1205_yurina_t__0307

これが最終的に良かったと思います。撮るたびに背面のモニターで土屋さんに確認してもらいながら撮ってみました。markⅢのAF性能が上がったおかげで85mmの開放で撮ってもこのピントは、ちょっと驚き。markⅡでは多分この距離では無理だったと思います。

で、けっこう楽しかったので。続いてます。( ^ω^ )

1205_yurina_t__0330

1205_yurina_t__0334

最終がこんな感じになりました。前にもあげましたけどね。

1205_yurina_t__zassi

旅行誌でなく写真誌になってしまいましたけど。(Mモノクローム発表前でしたので)

canonEOS5Dmk3 シグマ85mmf1.4 EF35mmf1.4L

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

森高千里 『渡良瀬橋』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異邦人 久保田早紀

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

ライカマジック

ライカM9、M9Pとも世界最小のフルサイズデジタルカメラなのである。で、ライカなど知らない方には小型で可愛らしいカメラに見えて緊張感なく撮れるのが魅力なのであります。

L1011031

ほら、まるでコンデジ扱い ゚゚(´O`)°゚でも自然な表情、これもライカマジック。話ながら撮る人の表情が隠れないで撮れるから。

しかし値段を知ってしまうと。

L1011123

L1011057

二人ともちょっと緊張した表情に変わってしまいました。これもライカマジック(^-^; ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

本日 美女二人組です

彦坂彩文さんと水野智世さんです。大垣の薔薇で有名な公園にて。初めて電車で行きました。電車って楽ですねー、うとうとしていても、ちゃんと着くし、座れるし。時間通りの到着でした。二人は同じ事務所ですが仕事は一緒なのは初めてだそうです。絶好の天気の中で気持ち良い風が吹いて、昼寝したくなるほどでした。5DmkⅢのシャッターも早くも1万ショットを超えそうです。

5dmk39768

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

LEICA M MONOCHROM Video Review

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

これ 

なんか、凄いんだけれど。欲しいな、だれか買って遊ばせてくれないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

エアロスミス

8年ぶりのアルバムが、発売決定。『Music From Another Dimension』が八月に発売。ニューシングル「Legendary Child」は6/20よりデジタル配信決定したそうな。

Mfd

先行視聴してしまいました。ちゃんとオフィシャルです。映画GIジョーの新作に挿入されるそうですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/29 森美紅さん 竹内彩乃さん 5Dmk3

0g4c5157

0g4c5204

0g4c5269

0g4c5346

0g4c5565

0g4c5613

0g4c5923

風が気持ちのいい日でしたね。モデルさん二人出しってかなりリラックスで撮影できるみたいです。竹内さんは初めてで元気いっぱい。カメラの液晶モニターを撮影の度に見せると「なんでこんな風に写るの?」と背景のボケに興味深々。今まで撮影中にモニターのチェックをさせてもらっていなかったみたい。見せるとどこまで切っているかわかるので後は「やりやすくてよかった」と好評でした。まあzeroの場合、基本一対一で撮るのでこういうことが出来るわけだけど。外だと自分がどう撮られてるか、わからないまま撮影が進んでしまう場合が多いから。神奈川の撮影でも主催者がまず撮って、こんなふうに撮れるとモデルに見せてから撮影してました。けっこう大事な事だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

薔薇 鶴舞公園

leicaM9P ズミルックス50mmf1.4ASPH

くもりー。

L1010976

L1011004

L1011011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライカアカデミーのワークショップ

ヨドバシのレンジファインダー専門サイトから。

全員M9で50mmと35mmか。M8が出て来ないのは、フルサイズじゃないからかな。

http://rangefinder.yodobashi.com/liveleica/20120521.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

Yes-No Chara

大学の写真部の時、親友が好きになってしまった子の写真を撮ることになっちゃって。話していたら自分も好きになっちゃって。(笑)卒業しても朝晩同じ電車でばったりと。電話番号聞いていろいろ話聞いてたら、オフコースが好きだっていうから研究したりして。その後は内緒。もちろん親友にも内緒です。あの頃を思い出す曲ですね。見てないよなここ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜

岩井俊二好きでほとんどのDVD持ってます。charaの声が不思議にいい。「スワロウテイル」は、好きな映画のひとつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニクジル

写真仲間ではフォトテクニックデジタルを通称「ニクジル」と呼んでいます。今月号の内容が良かった。魚住さんのポートレート対決も小林さんのスクールガールも。どうしたのよっていう位。

その中で舞山秀一さんのインタビューが面白い。もちろんM9の話が出てくるから興味を持ってしまったかもしれないが。「D3sは最高だがカメラに撮らされている気になった。M9でも8割は開放でピントが合わせられるけれど、ピントが合わなくてもシャッターが切れるようになって昔に戻った気がした」後は本買って読んでください。

性能や便利さは必要だけど、自分で撮ったって満足出来るのがライカです。新機種が出るとすぐに買って自分なりにテストしたりするのも好きだけど、今のカメラと比べ不便なところもありますが、ライカで撮るのが好きです。

「連写で撮っても二枚目、三枚目でいいのが撮れたことないですね。表情を狙う時は1枚目より2枚目がいいことなんて、ありえない。お囃子みたいなもんですよ。」

そうかもしれません。

http://www.genkosha.co.jp/pd/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OM-D E-M5 のアートフィルター

OM-D E-M5 のアートフィルターが面白くって。1年ぶりのブルーボネットで。キットレンズのみ、jpeg撮り。

P5184044

P5184162

P5184169

P5184172

P5184177

P5184181

ブログ見てたらちょうど一年前にも行っているんだよね、行動は繰り返すのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

やはり気になるな

0md

このOMD(略称)を購入したのは以下の点からだったのであります。

 5DmkⅢともM9Pともすみ分けて使えること。たとえば防塵機能による雨雪の日の撮影。

 ミラーレス機でも他機種と違った一眼レフスタイルで撮影出来て、必要とあれば600mm相  当の望遠レンズを5万円程度で購入できること。

 学生時代、欲しかったOMシリーズのデザインの継承とライカのMレンズが一眼レフの撮影スタイルで使用できること。

 高画素タイプのあるメーカー機の画質は理想的かもしれないが、現在のレンズの品揃えがお粗末すぎてボデイの画質にレンズがついていってない記事をよく目にすること。

なのである。

実際使ってみて非常に満足しております。でもメインはキヤノン。そう思っていたのですが。今日これが発表されました。

Lumix1235f28omd

同じMフォーサーズのLUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S(名前長すぎ)であります。24-70mm相当をf2.8の開放での撮影が楽しめる。うーむ。こんなの購入してしまったら5Dmk3とOMDの立場が逆転しそう。小型のカメラで撮った方がポトレもいい表情が撮れてしまうのである。D3sを含むニコンシステムを全部売却してOMDメインにした方も身近にいらっしゃる。でかいカメラを持ち歩くのが奇怪な時代になってきたのかもしれないな。しかも、このレンズも防塵・防滴仕様。悩むのであります。

http://panasonic.jp/dc/lens/lumix_g_x_vario_12-35.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

絞りの値

今やレンズも明るく、よく写るレンズが比較的容易に手に入るようになりました。明るさもf0.95なんていうレンズが一般の人でも購入できてピントの浅い立体感のある写真が撮れるようになったのは素晴らしいことです。

ただデジタルになって一般的な画像素子のサイズが変わって、フィルムの時に一般的なフォーマットだった35mmフルサイズ以外のカメラを持ち変えて撮影しているとありゃりゃと思う写真になってしまうことが多いのですな。

一方明るい中望遠85mmf1.4とかf1.2なんてレンズを持ってしまうと、全部開放で撮ってしまい首からアップにしたところ、片目だけあって後はボケてしまう変な写真になったことはありませんでしょうか。そういう表現にしたかったなら別ですが。

絞りによる被写界深度を体で覚える、経験で覚えるというのももちろん有りですけど一度数字で見てみましょうと親切な方が作った表があったので貼ってみます。数値で見ても実戦でどう使うと突っ込まれても責任は取れませんが、ネタってことでね。古いページですが今の自分の撮っている写真のデータを見ながら照らし合わせてみれば失敗?も防げますな。

http://shinddns.dip.jp/

ふーん、そう、で、OK。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

Canon 7D - Hardcore Durability Test

EOS7Dって丈夫なんですね。K君の7D借りて同じことやってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

本 購入

P5153961

内田さんの著書です。中古で購入。レンズやボディのうんちくではなく撮ることに主題を置いていることが気持ちいい。買って防湿箱に入れているのでなくカメラとしてのライカの本です。

「ライカは自分からは何もしてくれない。それが使い手を育ててくれる。」

「いいライカ(高いライカ)を使えば、いい写真が撮れるならお金持ちほどいい写真を撮れることになってしまう。」

「新旧いろいろな名レンズがあるけれど、写真の為にレンズを選ぶのが本当であって、レンズの為に写真を選んだり、そこから写真を考えていくべきではない」

なるほど!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

味岡宏佳さん スタジオ

canonEOS5DmarkⅢ シグマ85mmf1.4

ほわーん(笑)と連写

1204_hiroka_a__0398

1204_hiroka_a__0409

1204_hiroka_a__0410

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

貞子3D

3Dで見てきたよーん。石原さとみより貞子の方が可愛い。変な蜘蛛みたいな貞子はなんだったんだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

5/3 STEP 山口なつみさん

魚住誠一さんのセミナーでした。午前中はレフと光の読み方。午後からは一対一で贅沢にも魚住さんが直接レフをあてていただいての撮影。(レフも最小限で道からの照り返しを利用し、立位置を選んでいきました)街のど真ん中。でもカメラバッグも持たずにレンズは一本。周りにカメラを持っている人もいないので目立たず(目立っていたかも?)撮影。通常の撮影会方式では味えない撮影です。やってみたかった撮影方法。

canonEOS5DmarkⅢ シグマ85mmf1.4

0g4c6028

0g4c6046

0g4c6612

0g4c6613

0g4c6621

0g4c6657

0g4c6664

室内のスタジオでは基本のライティングがされていたのですが、ちょっといじらせていただきました。縦位置全身も撮っていたのですが四十肩になってしまって、水平垂直が撮れずにバストアップで。

0g4c6481

0g4c6480_2

STEPのページにも載せていただきました。

http://step-satsueikai.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Leica Lenses

Apo50

これだけ丁寧に一本ずつ組み立てれば高くなってしまうのは当然かも。しかし50mmに70万円とは。

このズミクロン、オークションで370万円だそうですが、私には関係のないことです

35mmf2_2 こちらのズミルックスは740万円で売れたそうですが買った人に会ってみたいです。

35mmf14 こちらキヤノンの50mmf1.8 安くても非常によく写るレンズで9330円10%のポイントも付きます。

1850_2

なんだか 世の中、間違ってないか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

Paul McCartney - Mexico City 10/05/2012

ポールの5月10日にメキシコで行われたフリーライブのフルセット。2時間53分です。若い、パワフルです。ライブで今まで聞いたことのない曲やっています!

Hello, Goodbye
Junior's Farm
All My Loving
Jet
Drive My Car
Sing the Changes
The Night Before
Let Me Roll It
Paperback Writer
The Long and Winding Road
Nineteen Hundred and Eighty-Five
My Valentine
Maybe I'm Amazed
I've Just Seen a Face
Hope of Deliverance
And I Love Her
Blackbird
Here Today
Dance Tonight
Every Night
Mrs. Vandebilt
Eleanor Rigby
Something
Band on the Run
Ob-La-Di, Ob-La-Da
Birthday
Back in the USSR
I've Got A Feeling
A Day in the Life
(with Give Peace A Chance snippet)
Let It Be
Live and Let Die
Hey Jude

Encore:

Lady Madonna
Day Tripper
Get Back
Yesterday
Helter Skelter
Golden Slumbers
Carry That Weight
The End

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の母の日は

これを送りました。花が枯れた後も使えると思って。一日早く着いたみたいで、さっそく電話が、かかって来ました。母の日にプレゼントを贈るようになってまだ10年。横浜で撮影していたモデルさんからのアドバイスで。「家族の喜ぶ事は恥ずかしがらずにやった方がいいよ」と言われ続けています。大型テレビ買ってあげた時より喜ぶから不思議。姪っ子からは敬老の日にもプレゼントもらってるんだろうな。、、、、親不孝な息子ですからね。

Img58524231

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

The Unboxing of the Leica M9-P Edition Hermès

お値段500万円?ほどするそうです。どんな人が使うのか。白い手袋じゃ撮影した気がしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田中長徳のライカイズム

10年位前のビデオですね。見たかった画像です。ライカはやっぱり50mmと35mmが使いやすいのかな。写真撮る姿は皆危ない親父に見えてしまうかもしれません。が、ビビッとスナップ写真を撮る方法、モノの見方は参考になります。とにかく早業、撮るのが早い。60分あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情熱大陸 梅佳代

あれこれ考える前に撮りたいね。彼女のこの時撮っていた写真集持ってます。「じいちゃんさま」泣けます。露出決めの一枚目が、その日で最高のカットだったりすることがあります。36枚で写真誌に載せるぺージを撮れと言われても自分には絶対できない。ワンカットワンショットで決めてしまう彼女はやはり天才です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライカ Mモノクロームとアポ・ズミクロンM f2.0/50mm ASPH

M_50f2 本当に発表されましたモノクローム専用のボディ、Mモノクローム。なぜモノクローム専用なのかと思う人もいると思います。自分のデジタルカメラでも加工すればいいじゃん、カラー撮れないなら不便じゃんって人もいらっしゃるか。通常のデジタルカメラは色情報をなくしていっただけでカラーフィルターを通して撮影されているので疑似的なモノクロなのです。もっと中途半端なのが流行りの「彩度落とし」の写真。一見かっこいいのですが色を元に戻したり、疑似モノクローム化するとたいした写真じゃないことが多いのです。デジタルが普及してもなおフィルムカメラで撮影しているプロカメラマンが多いのはモノクロームのトーンが出ないからという意見を耳にいたします。この前のプロのセミナーでも「色が合わないからモノクロにしてきた」というアマチュアカメラマンが、いかに多いことかという話が出ました。フィルムから始めた方はモノクロで撮るか、カラーで撮るか選択し、それに合わせてフィルターを選び被写体を選び露出を選び印画紙の号数を選ぶ作業があったのですな。

このMモノクロームは、なんとカラーフィルターを取ってしまったのです。レンズからの画像をそのまま記録する為にローパスフィルターまで取ってしまったライカですからね。D800Eのように「効き」をキャンセルしたのでは、ないのです。カラーフィルターを取ったことによりリアルモノクロームの写真が撮れるようにしたのですね。

Img22742

もちろんフィルターが、ないってことは、、、、レンズがしっかりしていないと良画像が得られません。90年代から始まったASPH(非球面)化の最後に、ズミクロン50mmf2ASPHが発表されました。ライカにとっての一番ポピュラーなレンズの高画質化です。

旧(現行)ズミクロン50mmf2と比べるとMTF値でこれだけ違います。

50mmf2

50mmf2asph

MTFの簡単な見方は35mmフルサイズの対角の長さは約46mm。中心からの半径の長さは約23mmです。外側の23mmに向かって赤い線が100%に近づくほど良画像が得られます。これで見ると新しいズミクロン50mmf2ASPHの性能がすさまじく向上しているのがわかります。ただし「レンズの味わい」という点は、数字に出てこないものでもあります。ライカのレンズはガラス素材そのものが違います。大抵の方が持ってみるとその重さに驚きます。真鍮で出来た筒だけでなく比重の高い素材を使用しています。だからこんなに高額になってしまうのです。

まあ良いレンズに良いボディを購入したからといって写真がうまくなるもんじゃないし、今、持っているプリンターはモノクロインクは一色しかないので諧調も出ないでしょうね。モノクロームにこだわったプロは買ってしまうんだろうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

藤まつり

leicaM9P ズミルックス50mmf1.4ASPH

L1010775

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超シュールアニメ 1

「悪いのを倒せ!!サラリーマンマン」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超シュールアニメ 2

「むきだしの光子さん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

映画『紙兎ロペ』

TOHOシネマズの映画上映前にやるコレ!映画になってロードショウ公開だって。マジ?

leicaのモノクロ用デジタルカメラ発売位、驚いた。篠田麻里子が吹き替えって二度びっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/29 森美紅さん 竹内彩乃さん OLYMPUS OM-D E-M5 編

OLYMPUS OM-D E-M5 leicaズミルックス50mmf1.4ASPH

昔はフィルターをソフトフォーカスにしたり、オイルを塗ったもんですが、アートフィルターブラケットを使えば一度シャッターを切るだけでノーマル画像以外に選んだフィルターが掛かった画像がメディアに書き込まれます。これが超便利。露出も補正がファインダーに反映されるので、そのまま意図した露出で撮影できます。しかーし、落とし穴がありました。レンズアダプターで装着された場合絞り込んだ光を取り込んでいる為に、スタジオでモノブロック等でストロボシンクロ撮影をする時に1/125 f11とかセットすると暗くてまったく見えません。Mフォーサーズレンズを付ければ問題ないのですけど、ね。

で、屋外ならまったく問題なく使えるズミルックスです。

P4293545

P4293689

P4293829

P4293769

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

写真を撮っている方へ 2

なるほどということばかりです。

標準レンズを使って写真を撮り続けていると、そのうちに、標準レンズの写しだす“普通の感じ”が、一番格好いいということが自然とわかってくるはずです。そして、そこからが本当の写真の始まりなのかもしれないと、ぼくはいつも思っています。


車でばかり移動してもいけない。車の移動速度では、絶対に見えない。せめて自転車の速度。なるべくなら歩こう。歩くときは漫然と歩くのではなく、普通の人の何倍も見て歩くこと。そして「見る」感性をどんどん養うこと 。


“望遠レンズ”を使って写真を撮る場合は、“写真を撮る”以上に、“ものを見る”を大切にしながら写真を撮ってみて欲しいと思っています。おそらく、それを繰り返すことで、しっかりと自分自身の眼差しが写真に置き換えた時の感じを知ることが出来るはずです。

何でもかんでも、ただ近づけばいいというわけではありません。近づいて見てみたいものが、見つかったときには、そこに必然を持って、近づいてみてください。ただ何となく近づいた写真というのは、一見それっぽいのですが、決して、いい写真とは言えませんよね。

望遠レンズの失敗として「ただ寄っただけの写真」をよく目にしますが、いくら近づいて見ることが面白いからといって、闇雲に“望遠レンズ”を使って写真を撮ったりしないで、まずは最初に自分自身の“眼差し”を写すつもりで、このレンズを使ってみてくださいね 。


ファインダーをのぞきながら、相手に話しかけてみよう。実際に話さなくても、心で語りかけるのでも大丈夫。あなたと、被写体のあいだのあたたかな関係は、不思議なことに、ちゃんと見えてくるから 。

シャッターのタイムラグもできるだけ無いほうが良い。機構はなるべくシンプルなこと。沢山機能がついていて機械に遊ばれてしまうようなカメラは決して良くない。カメラはPCや家電ではないのだ。写真は感性であり、道具であるカメラは直感的に操作できないと駄目だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ん?

これはフェイクだろうな。後4日もすれば、わかりますね。

Leicax2_3

噂ではズミルックス35mmf1.4ASPHが付き50mm相当になるとか。APSCサイズはカンベンですがボケも期待できますね。でも相当お高くなりそう。この外観は家電メーカーがOEMで作ればこんな風になりそう。カメラメーカーらしいデザインで出して欲しい。買わないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔「写楽」という写真誌が

あってよく購入していました。今のカメラ誌じゃなくて写真誌。写真を楽しむための本。

4歳の子供に写真を撮らせたらどうなるか。盲目のカメラマンの作品。そしてジョンレノン採捕のレコーディング風景。

31年前の一冊はまだ部屋にあります。昨日の写真を「写楽」の表紙風に文字を入れてみました。今、発売していたらやっぱりカメラの情報誌になっているかもしれませんね。

1205_yurina_t__zassi_2

旅行誌の表紙のような写真を撮ってみようと撮りましたが、そういう本は家になかったので。文字を入れることまで考えて撮ったりするのも面白いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

本日 土屋友里菜さん

朝は雨がひどかったけれど、午後から快晴。気持ちのいい風が吹いていました。山の上にて撮影です。旅行雑誌みたいなの撮ってみようとやってみました。土屋友里菜さんの演技力もなかなかですね。5DmarkⅢのAFも驚きで、アジャストをしてあるとはいえ、この距離から85mmf1.4開放でのピントがあってしまいます。5DmarkⅡでは、無理で諦め絞り込んで撮っていた距離です。いやあ驚き。

canonEOS5DmarkⅢ シグマ85mmf1.4

1205_yurina_t__0307

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

岡村孝子 電車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/3 STEP撮影会 山下艶偉利(あいり)さん

本日、がきんちょの日。と、いうからじゃないのですが一昨日の魚住塾から山下艶偉利さんを先にアップします。JK1年生。若い!ポージングの練習しているのが、わかります。一生懸命で撮っていて、うれしくなります。この季節ロケが最高ですね。光の読み方のレクチャーを受けた後で「あそこの光いいじゃん」って虫のごとく光を求めて移動。囲みじゃなく、一対一で場所も設定できたので楽しかった。伏見はキヤノンがあるのでよく行きましたが、裏通りにはいいロケーションが多いのですね。

canonEOS5DmarkⅢ シグマ85mmf1.4

0g4c6349

0g4c6388

0g4c6400

0g4c6414

0g4c6419

0g4c6425

0g4c6782

0g4c6813

ステップ撮影会の速報にアップしたのと別カットです。現像設定もちょこちょこ変えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

Skin Retouching Photoshop Tutorial

PSCSで肌の調子を整える方法の解説です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

本日 魚住塾参加

step撮影会で、ひさびさに魚住誠一さんに指導いただきました。「魚住誠一が教える!〜ロケ撮影の極意〜」が、テーマ。公園、街中で光を読みながらの撮影。基本一対一スタイルだったのでガッツリと撮れました。写真はどこでも撮れる、どこに女性を立たせたらどんな風に撮れるかがテーマ。楽しかったし、為になったなー。とりあえず、今回のモデルさんのバストアップ二枚だけアップです。

canonEOS5DmarkⅢ シグマ85mmf1.4

山下艶偉利さん

0g4c6412

山口なつみさん

0g4c6055

午前中、雨の心配もありましたが気持ちのいい風の中で撮影できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

写真を撮っている方へ

先輩たちからの言葉です。

確かに写真というのは、何に出会って、何をどう写すか、ということも大切なのですが、自分の大切な写真を見ることから生まれてくる写真もあるんだなと、思うことが出来たなら、写真は、より一層、もっと身近で楽しいものに変わっていくはずです。



人の評価を過剰に気にしてはいけない。特にアマチュア団体の場合、リーダーが細かく指導する場合がある。こう狙え、何を撮れ、駄目だ駄目だと言われると萎縮してしまって、貴方の写真は成長できなくなる。自分を見失ってリーダー好みの写真を撮るようになり袋小路に陥る。




自分の距離を見つけるためには、自分は常にカメラを持って動かねばいけない。ズームレンズでは、自分が動かず、安易にズームリングを回して、拡大や縮小してしまうことが多い。もしズームレンズしか持っていないという人は、一旦、標準域にテープで固定してしまおう。



失敗だとか、上手く撮ろうだとか思わずに、じぶんの「そのときの、思い」をこめて、シャッターを押してみよう。写真ができたら「そのときの気持ち」を思い出しながら見てみよう。それが写っていたら‥‥、最高に、うれしいことだから。


何台もカメラを買ってはいけない。1台を自分の体の一部のように使いこなせるようになること。アマチュアの場合、カメラの保有台数と、写真のうまさは、どうも反比例しているような気がする。



写真を見る時には撮られた時のことを想像してみよう。その時間、その気持ち、その光、目の前にある出来事の偶然がつくるちょっとした表情に目を凝らしてみよう。やがて、あなたの撮った写真は、たった一枚の写真であったはずのものが、すべてつながっていくから。



良い作品は沢山見ること。なるべく、オリジナルのプリントをギャラリーに見に行こう。モノクロームを目指す人はなおさらだ。カラーでも同様だ。ギャラリーに出ているプリントと印刷物では、全く色も深みも違うからだ。



ぼくはむしろ写真にとって大切なのは、”写し止めておきたい!”という気持ちなのではないかと思っています。だから、その結果として時にはブレてしまったとしても、きっとそれは“いい写真”になることが多いようにも思っています。
あえて作者の名前はふせておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイマーズ サマータイムブルース 直ちに健康に影響は

(Twitterより 拡散希望)だそうです 今日は忌野清志郎さんの命日です。 清志郎さん、あなたの予想通り原発が爆発してしまいました。東日本は放射能まみれになりました。「日本の原発は安全です」は、確かにサッパリわかんね~根拠がね~でした。信じなくて申し訳ありませんでした。償います。声を上げます。原発全廃するまで!

【瀬戸内寂聴さん、ハンストに参加中】「90年生きてきて今ほど悪い日本はない。このままでは死ぬに死にきれない。90のばあさんがここに座ったら、若者が張り切って行動してくれると思って」

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012050290115958.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

OLYMPUS OM-D E-M5のアートフィルター

オリンパスのOM-D E-M5のアートフィルターが素晴らしいのであります。ブラケット機能があり、元画像の他にフィルター分だけファイルが作られ記録されます。だから全部のフィルターを選ぶと10枚以上の画像ファイルが1カットごとに記録されちゃうのである。

これは最初面白いけれど見るのが大変で、慣れるにしたがって効果を選ぶのが賢い。4GのSDカードを使っても45枚ほどしか撮れないのはつらいのである、しかもjpegで。

キットレンズのM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZを付けると、防滴仕様も完璧、メーカーのプレゼンではペットボトルに入った水をかけるという「暴挙」に出たレンズであります。絞り込めば画質もいうことないレンズですが、ポートレートの王道、背景ぼかしの為、これまたライカのズミルッスス50mmf1.4ASPHで撮影しています。

8bitのjpegが元ですがアートフィルター+レタッチで素晴らしい画像になります、自己満足ですけど。

P4293720

元画像

P4293721

アートフィルター元画像

P4293722

アートフィルター+フォトショップによるレタッチ画像

いい感じだと思うのですがどうでしょ。

ちなみに、モデルさん二人の時に一人のモデルさんにカメラを渡して「撮ってみて」というと二人ともテンションがメチャあがります。

森美紅さん撮影の竹内彩乃さんです。 o(*^▽^*)o

P4293705

めちゃ楽しそうな二人でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

Paul McCartney's 'My Valentine' Featuring Natalie Portman and Johnny Depp

My Valentine - Featuring Natalie Portman and Johnny Depp
www.paulmccartney.com
Directed by Paul McCartney
Featuring: Natalie Portman and Johnny Depp
Cinematographer: Wally Pfister

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RAMMING - Preview  Paul McCartney

『RAM』Deluxe Edition Box Setは 5/23発売されますね。好きなアルバムです。

Heart Of The Countryのデジタルリマスター映像もyoutubeで、公開されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »