« 雨音はショパンの調べ 小林麻美  | トップページ | James Paul McCartney Show JAPAN EDITION WINGS »

2012年6月 4日 (月)

画素数のお話

フラッグシップ機のD4や1DXが画素数2000万画素以下で発表されて、画素数戦争に終止符が打たれたと思いきや、N社から3630万画素超のD800が発表されて5DmkⅢの2230万画素が低画素で画質がこの先心配だとか、いろんな情報が飛んじゃっていますね。まあ必要な方には必要だし、A2プリントを毎日印刷しているとか パソコンで等倍鑑賞が趣味だとかいう人には、画素数番長が発売されるたびに買い替えていけばいいと思います。けれどA3プリンターお持ちで、普段A4で印刷、ネットのブログにアップされる程度であれば1000万画素を超えてれば余裕なんですね。海外のプロカメラマンはA4の写真集で見開きA3での撮影は、ほとんどD3sを使っているのです。でかいポスターA1、A0になると中判デジタルに変えちゃうのです。これホント。

10年前、最初に購入した一眼デジはcanonEOS1Dでした。これ415万画素です。携帯でも今やその倍の画素数。それでも当時は報道カメラとして各写真誌に映像を提供していました。

当時の画像ひっぱり出してみました。

751a0031

EF24-70mmf2.8Lで撮ってます。415万画素っすよ。悪くないと思います。A4のプリントでもばっちりでした。A3は知りません、持っていなかったから!当時は。

画素数なんてそんなもんです。気にしないでもっと撮りたいですね。って言いつつ画素数のお話なのでした。

車も350km/h出る車が有りますが、高速で飛ばしても日本じゃ120km/h程度でしょ。たとえは、悪いけれどねぇ。

1D発売当時の開発者インタビューです。

http://cweb.canon.jp/camera/eosd/1d/interview/index-j.html

|

« 雨音はショパンの調べ 小林麻美  | トップページ | James Paul McCartney Show JAPAN EDITION WINGS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20440/45529318

この記事へのトラックバック一覧です: 画素数のお話:

« 雨音はショパンの調べ 小林麻美  | トップページ | James Paul McCartney Show JAPAN EDITION WINGS »