« よっ!!二代目!! | トップページ | 【プロカメラマンが教える】知っておくべき写真の100のコト »

2012年10月26日 (金)

明日

5D3の弐号機が着くというのに、壱号機が修理から帰還いたしました。MIF接点ユニットと基板ユニットを交換となっている。よくわからんが最近のデジ一はレンズの情報をボディに伝え収差補正をボディ側で行っている。フォトショにレンズ収差補正用のデータがなければ最初からjpegで撮った方がいいこともある。諧調が倍も違うって意見もあるけれど最近のカメラのjpegは、良くなっている。

そういえばMフォーサーズのカメラなどは純正ソフトで現像しないならjpeg撮りの方が良いとどこかで読んだ。パナのボディに7-14mmを付けていた時、ちょっとレンズの取り付けが緩んでいるとなんじゃこりゃという写真になっていた。パナのレンズの補正データはオリのボディに反映されていないらしくマウントが同一でも同じメーカーのボディとレンズを使用した方が良いと誰かが言っていた。

で、ライカ代わりに持ち歩く小さなボディのOMDでRAWとjpeg( i finish)で撮ってみた。フォトショはRAWを開きそのまま何もせずリサイズしてjpegに変換。i-finishに設定するとAFでの距離から風景モードになっているようだ。やけに空の彩度が高く見える。これがよく言うオリカラーの空かな。

5D3に口径の大きなレンズを何本も持って歩くよりこういうぶらぶらと散歩しながら撮る時はライカかOMD位のボディがいい、ちゃんとファインダーもあるし(液晶だけど)

Pa252169

Pa252169orf

Pa252217

Pa252217orf

OM-D E-M5  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

|

« よっ!!二代目!! | トップページ | 【プロカメラマンが教える】知っておくべき写真の100のコト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20440/47599438

この記事へのトラックバック一覧です: 明日:

« よっ!!二代目!! | トップページ | 【プロカメラマンが教える】知っておくべき写真の100のコト »