2012年6月 1日 (金)

ん!

な、なんか、かっこいー。オーエムディーとズミちゃん。o(*^▽^*)o

0g4c0037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

本日、大撮影会。

カメラ店主催の大撮影会に参加してまいりました。朝から雨。5Dmk3をビニール袋にくるんで撮影したものの、どうもうまくいかない。傘もたたんで、雨に濡れるのを覚悟で撮影。けっこう5Dmk3の防滴性能は良いらしくずぶ濡れになりながら動いてくれました。5Dmk2は少し濡れただけでメインダイヤルが反応しなくなったことがありましたが、強化されているようです。本降りになった時はOM-Dで。こちらはメーカーが水をかけて説明するほどなのでまったく臆することなく撮影。ただしレンズ前面に水滴が入れば写真に写りこんでしまいます。講師は内田先生。休憩中に書かれた本を持ってサインをお願いしました。

実は去年M9P購入したんですよ。へー。レンズはズミルックスの50mmとズミクロンの35mm。凄いね、僕よりいいの持ってるじゃない。150コースだね。最初はツァイスで撮っていたんですが、ライカのレンズを購入してから売却してしまいました。ライカのレンズいいだろ。立体感とか違うだろ?ええ。画素数だとか、関係ないですね。そんなの全然関係ないよ。君、ノクチもいいよ、、、、。などなど。

ライカの話をするととても楽しそうな、内田先生なのでした。

0g4c5149

ただいま5Dmk3とOM-Dとレンズは乾燥中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

OLYMPUS OM-D E-M5+ライカレンズ

マウントアダプターが届きました。

0g4c3501

0g4c3504

ズミルックス50mmf1.4ASPHではかなりフロントヘビーの印象です。このレンズを持った時に驚かれるのが大きさに較べての重さです。ずっしりきます。OM-Dはとにかく軽いので見た目はいいのですがバッテリーグリップを付けた方がいいと思います。液晶ファインダーのピント合わせも慣れてきましたが、やっぱり違和感あります。露出とホワイトバランスが反映されるのでjpeg一発撮りは快適ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

AFカメラのピント合わせ

昨日、撮影中にレフ持ちをしていて参加者の中でよくピントが合わないと言ってレンズやカメラ本体をよく買い替えている参加者の方を横で見ていて原因がわかりました。撮り方を見ているとAFセンサーの中央でピントを合わせた後に、手首を動かして構図を決めシャッターを切っている。その撮り方では 絞りを開け気味にして2m以下から撮っていてピントが合うはずは、ありません。

カメラの素子と被写体の角度が変わってしまえば、とうぜん距離も変わってしまうからです。風景や記念写真など被写体まで距離があったりであれば被写界深度内に入ってしまいますが、ポートレートでバストアップやウエストアップを開放に近い絞りでピントを合わせカメラ自体の角度を変えてしまえば当然直線であったポイントより、距離が変わってしまうために前ピンになります。

カメラのAFセンサーはレンズの構造上、真ん中が一番AFが合いやすくなっています。真ん中のAFセンサーで目、もしくはまつ毛にピントを合わせる時は手首でカメラを振るのでなく、腕全体、もしくは体全体で被写体と並行にカメラを動かさなければなりません。

Cosinee


まあ原因がわかってよかった。今のAFでピントが来ないのはありえないし、サードパーティーやAFのバラツキはピントチェッカーで調整すればちゃんときます。著名なプロのセミナーに参加するとまずカメラの持ち方から指導を受けます。高いけれどカメラやレンズを買い替えていくことに較べれば安いものです。上の図を見るとわかりやすい。望遠系であまりピントがはずれなかったのは振る角度が標準レンズ系にくらべ少なかったからだと思われます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

ローパスレス いいです シャープです

ライカM9-P   C ゾナー T*1.5/50mm  C ビオゴン T* 2.8/35mm

L1001167

                         ↑
C ゾナー T*1.5/50mm f1.5開放でもこれ位シャープ ピント合わせ慣れてきました ψ(`∇´)ψ 

L1001111

L1001159


L1001177


L1001198


L1001206

ホント、ローパスレスだと現像時シャープネスを掛けなくてもカリっと撮れます。今回は、あえてレンズ情報なし、ホワイトバランス固定で撮ってみました。今日発売されるリコーのA12マウントもローパスレスでオールドレンズの良さを(悪さまで)写し込んでくれる設計となっています。そういえばオリンパスのE5もローパスを大幅に薄くしたおかげで画質もアップしたそうです。

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/20101019_400857.html

ただ最近は モアレ処理はソフトで行って問題はないのですが、埃が心配です。M10になったら薄いローパスフィルターが入ってくるかもしれませんね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

X100 book 読んだよ

暑すぎて6時30分に飛び起きた、これで6月なんだから。今日発売されたばかりの「X100book」一気に読みました。目からうろこのことばかりなり。アンセルアダムスが確立したゾーンシステムや一眼レフとレンジファインダーの撮影方法の違い、メリット、ローライ、ライカとこのカメラを比べた撮影方法など。やはり改めてファインダーは大切なんだなと思う。ライカM9の液晶が価格の割にあれだけプアーなのも、ファインダーありきだからだろうな。最近のいわゆるミラーレスカメラの液晶画面は便利なものだけど、目視できる広大なファインダーから見ると本当に小さなものだ。

一方一眼レフタイプのファインダーはボケ身が写るように見える反面、それは開放絞りで撮影されている画像しか見えていないため絞り込んだ時にピントが合う範囲を見ていないことになる。レンジファインダーはすべてにピントがあっている状態を見ていて、絞りの効果さえ認識していればボケて鮮明に写らない部分まで神経が行き届くことになる。

ある番組でライカの担当者がライカM9のこの大きさは、大型の一眼レフと違って顔が半分しか隠れないためシャッターを押す瞬間でもコミュニケーションがとれるということを言っていた。最近のミラーレスがどうかといえば、撮影している姿を見ていると小さな液晶を注視しているため皆「寄り目」になっている。かっこ悪いのである。試しにコンデジでもいいから液晶を見ながら鏡の前の自分を撮ってみると恥ずかしいことに気が付く。GF1も持っているけれどスナップには使うが人物撮影に使うのはやめた。真面目な顔して「寄り目」で、口をぽかんと開けたまま撮っている自分は絶対モデルさんからキモイと思われていると思ったからだ。

なんかこの本読んでいたらX100を改めて認識したともに、ライカM9Pがますます欲しくなった。やばいな。

Dsc00055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

panasonic GF1

GH1ユーザーにとって気になるのはオリンパスのEP1。しかーしパナからもこんなカメラが発売?ファインダーはないけれどホットシューの後ろにある端子が気になる外付け電子ビューファインダーを取り付けられるという以前の情報もあったしな。良さそうです。

Panasonicgf1_2

http://www.1001noisycameras.com/2009/08/panasonic-gf1-.html

20mmのパンケーキレンズ!欲しい。

この写真とちょっと違うな。

Panan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

ライカはサファリがお好き

昔F1でもオリーブ色のモデルがあったっけ。ライカさんはサファリがお好きらしい。なにか間違った方向に向かっているな。M9がフルサイズで出てR10もフルサイズデジ一になるまで、なかなかユーザーはフィルムから切り替え出来ないかもな。悲しきコダクローム。

Safaril4

Safarim8

ちなみに上のコンパクトのD-LUX4が12万円、下のM8.2がレンズとビリンガムのバッグとセットで100万円とお高いですがフィルム代と現像代考えると安い?

ちなみに、うちにあるライカは昨日ファームアップで秒3.5コマに改善されましたよ。

Gh1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

パナソニックのEP1対抗機?

オリンパスのEP1そそられるーと思ったらこんな画像がネットで流出。

Panan

なんかいいじゃんこれ。上についてるのは電子ビューファインダーか?レンズも良さそう。GH1のサブ(5DmarkⅡのサブがGH1なんだけど)に、いいかも。9月を待つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

EP1

レンズがかっこいい。これからはフルサイズとマイクロフォーサーズかなあ。

1

ライカなEP1です。M8ホワイトよりおしゃれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧